独学する力をつけるための、きっかけとしてのスクール!

 今日は、「うわー!いい曲かけたー!」と思って嬉しくなりました^^

 

変身シーンのための楽曲なのですが、どうしても最初がキャッチーにならない。。

しかし、これぞ!という音色が見つかってからはすいすいアレンジが進みました!

 

喜び余って、

「超いい曲が書けた!」とか自画自賛ツイートを繰り出してしまいましたが^^;

恥ずかしいですね!笑 @SoundMika

 

 

最近ミックスについて理解が深まってきました。

なんとなくで使用していたEQやコンプの使い方がわかってきて、

楽曲を立体的に捉えられるようになってきたんですよね!

 

Sleepfreaksさんにて、ミックス習ってます^^

sleepfreaks-dtm.com

 

回数重ねていくごとに納得の理解度です!

 

DTMをされてる方って基本的に全部自分で調べて、どんどんスポンジのように吸収してく方が多いのだろうなと思います。

本当、すごい!

 

が、どうにも私はメカニックなことに疎いので^^;

これはできる人には「何で?」って感覚だと思うのですが、

 

どうしても何も独学ができないんですよね・・!

「ググれば出る」

しかしそれがどうにも、読んでもわからない。。

 

これはもう、通うしかない!って感じで。

受講を決めました^^*

 

レッスンは「自力で勉強する力」をつけるきっかけ・とっかかりとなってくれました^^*

 

f:id:mika_ishii:20161126003815j:plain

 

毎週日曜日 7:14〜 「きんだーてれび」内のアニメ「ねこざかな」「コケッコーさん」「きもしば」の音楽を担当中です

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

 

創作にはパワーがいる。〜真夜中にシュークリーム

 

毎週日曜日 7:14〜 「きんだーてれび」内のアニメ「ねこざかな」「コケッコーさん」「きもしば」の音楽を担当中です

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

「日常」のほのぼのとしたシーンの曲を書いていましたが、どうしてもキャッチーなメロにならない。。

 

ので、歌詞を勝手に作りながら歌にしていったら、なんだかいい感じになりました^^

 

 

やっぱり作ってて思いつかない・なんだかうまくいかない状態が続くのは、苦しいものですね。

メロありきだと思うので、とにかく雰囲気に合うメロを鍵盤弾きながら考えます。

 

ちょっとやそっとじゃ出てこない場合が多いので、勝手に歌詞を作ったり関連映像をじーっと見たり、コード弾いたりして粘ります。

 

しかし、いい曲を書きたいですね・・。

本当にそれです。

 

自分の成長曲線がもう直ぐ急激に上がっていくんじゃないかと思って楽しみにしているんですが笑、

何もしなかったら何も変わらないけど、10年後・20年後の自分が残すきっと素晴らしい曲を聴くには、今の自分がいい曲を書かないとしょがないので、

 

コツコツが大事ですね。

 

コツコツ。

 

f:id:mika_ishii:20161119235418j:plain

 

 

はあちゅうさんの「真夜中にシュークリーム」にも書いてあった一節。

最近、前に増して本当にはあちゅうさんの文章にエネルギーもらってます。。

 

はあちゅうさんのエネルギーや行動力や強さや、

作家としての精神

著作を読んでると自分も頑張ろうって思えます。

 

lineblog.me

 

 

創作パワー

 

「作る」ということにはパワーがいる。

例えば、同じ十分が目の前にあった時に、ツイッターをぼーっと見ているだけの十分は楽ちんであっという間なのに対して、ブログを書こうと思うとちょっと力がいる。

どう使おうと、十分は十分で同じなのに。

頭の中で考えていることを文字にする、まとめるってことは本当に力を使うことなんだ。

発信者になろうと思った時、何よりも大事なのはパワーだな。

私がよく食べる理由も、そこらへんにある気がする。

 

 

この文がとっても気に入っていて、

よく読み返してます。

 

そう、エネルギーがいるんだよ、、作るのって!

楽じゃないよね!!

楽しいだけでもないよね!!

 

「真夜中にシュークリーム」は表紙も可愛くて大好きです。

エッセイとしての魅力もたくさんの本!

また記事に書きたいと思います^^

 

soundcloud.com

 

 

出来ること・出来ないこと

必要があって、cubaseで楽譜を作成していました。

 

バンドのメンバーに殴り書きのスコア渡すのとはわけが違うのですね、

ちゃんとした譜面を書かないといけないことを改めて痛感。。

最初は、読みにくいと判断できる可能性のある、手書きの楽譜を提出してしまいました〜^^;

 

 

 

楽譜の役割って、音楽の情報をきちんと伝えること。

音楽を伝えるツール。。

 

久石譲さんの本にも書いてありましたが、

books.google.co.jp

 

「いい音楽は楽譜が綺麗」

 

手書きが悪いとかではないと思うのですが、

客観的に見た時に読みにくいと判断できる可能性がある楽譜をお渡ししたことが、ちょっと穴に入りたい気持ちになりました。。、

 

今後は美しい楽譜を提出したいです、します!

 

 

 

アニメ制作会社のプロデューサーの方とお会いしてきました。

 

今後仕事で関わる可能性を含めたとしても、現状は関わっているわけでないので、

作家としての立場じゃない角度の質問もたくさんできました。

 

どういう流れで仕事が発生するかとか、

企画段階の話とか、

プロデューサーの立場だとどういう音楽を求めてるのかとか、

仕事の打ち合わせだったら聞けないこともたくさん聞けました。

 

とても勉強になりました・・!

貴重なお時間頂いてありがたい。。

 

 

当たり前なんですけど、

この人に是非お願いしたい!!

と思われるような「素晴らしい曲」が書けない限り、

「作家の自分」はどうにもならないないわけです。

 

 

作品に付加価値をつけられる作家。

世に価値を提供できる、人を楽しませる喜ばせる一流の仕事をするのは

 

運ではどうにもならなくて、

実力が必要。

 

その実力をつけるためにするべきことは、

「とにかく曲を書くこと」。

 

いくら感性が豊かだって、

一切ピアノ練習しなかったらいい演奏できないわけで・・

(もちろん、何かに影響を受けてインスピレーションがわいて生まれるものもあると思うけど。。)

 

そう考えた時、

私は何も言えたものでないことは自覚しています。

 

圧倒的に、人生を音楽に捧げてきた・捧げている多くの作曲家の方たち

一万時間の法則というものがありますが、

matome.naver.jp

 

多くのプロの方は1万時間どころか5万時間とか余裕で超えてると思います・・。。

 

ただ、時間だけかければいいというものでもなく、

作曲においてだってあまり時間をかけることなく多くを吸収し、

短期間で素晴らしい曲を書いている人も中にはいる。

 

その上、なんだかカリスマ性がある人もいる。

 

私は死ぬほど努力できるど根性や、

なんでもささっと吸収できるセンスも、

正直全然足りてない。。

カリスマ性なんて、もう努力でどうこうできるもんじゃない気がします^^;

 

だからと言って諦めてそのままでいいということでもなく、、

現状自分にできることを踏まえて、

また足りないものがある上で、自分はどうやっていくのかということは

よく考えています。

 

適材適所という言葉もあるし、

努力じゃどうにもならなそうな「出来ないこと」も見極めて、

自分に合った努力をし、そこから価値を生めるような仕事をしていきたいです。

この場合の努力って、苦しいとかだけの意味じゃないですよ!

 

 

 

作家に限らずなんでもそうですが、

自分の性格に合った方法を探して試してトライ&エラーですよね。

何年か経った時に、今自分に出来ない・見えないことを

きっと体感できてると思うので・・

 

それはとても楽しみです^^

 

 

10月2日から毎週日曜日 7:14〜 「きんだーてれび」内のアニメ「ねこざかな」「コケッコーさん」「きもしば」の音楽を担当中です

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

soundcloud.com

 

 

思い入れのある曲【今日のきんだーてれび#2】

 

「ねこざかな」「コケッコーさん」をinstagramで探してみたら、、

 

お子さんたちがテレビの前で楽しんでいる写真を、

たくさん見かけて嬉しくなりました^^*

 

こっそりいいねを押してすみません😅a

 

きんだーてれびの7話、皆様ご覧になられましたでしょうか?

 

アニメを観ていて,

なかなかBGMに耳を済ます方もいないかと思いますが、、

地味に私が担当しているので良かったら是非音楽にも耳を傾けてみてください^^

 

「ねこざかな」は毎回コミカルで面白くて、観ていて毎回元気が出ます!

 

 

今回は、海のお化け(?)が登場しました。

その登場シーンの曲は、個人的にとても気に入っています^^

聞き取りずらいですが、イントロで音階を半音ずつ上げたり、ドラムのタムを多用して怪しさを演出してます!

 

f:id:mika_ishii:20161116001500j:plain

 

コケッコーさんは、家族のあったかさや、ほんわかした優しい雰囲気が、

観ていてとっても和やかな気持ちになります。

 

コケッコーさんがピーミのためのお城を紹介する時に始まる音楽。

 

f:id:mika_ishii:20161116001512j:plain

 

 

この曲は思い入れがある曲で、自分が気に入っていたオリジナル曲を再編集して提出しました^^

 

この曲が原曲なんですよ!

soundcloud.com

 

良かったら聴いてみてください^^ 

 

 

明日は新しい作品の打ち合わせ!頑張ってきます!

 

 

 

10月2日から毎週日曜日 7:14〜 「きんだーてれび」内のアニメ「ねこざかな」「コケッコーさん」「きもしば」(きもしばの音楽は来週から使用されます)の音楽を担当中です

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作者の方が大事にあたためてきた作品を届けたい!!【今日のきんだーてれび#1】

f:id:mika_ishii:20161113111528j:plain

 

f:id:mika_ishii:20161113025933j:plain

 

 

昨日考えてました。

 

「きんだーてれび」が現在放送中で、

 

どのアニメも

子供達に親しまれる、

喜ばれる、

 

可愛くてあったかーーーーい作品。 

 

なんであったかいかっていうと、

作者の方が、

あっためてあっためてあっためて

 

大切ーーーーーーに育ててきた作品だからですよ。

どのキャラにも、話にも、

愛がこもっているんですよね。

 

 

私は、現在きんだーてれびの番組内のアニメ、

 

「ぴったんこ!ねこざかな

「おはよう!コケッコーさん

 

の劇中音楽を担当中です

(追って他のきもしばも。こちらは青木晋太郎さん@ShintaroAokiと共同で担当!)

 

 

本日もアニメの放送日。

 

こんなあったかくて可愛くて、

作者の方の愛と勇気と希望と、、、

いっぱい詰まった作品に関わったのに

 

 

いい曲を書くということが大前提としてあっても

 

 

「書き終わったらそこで仕事を追えていいのか?」

ということに引っかかりを感じました。

 

 

テレビで放送されている以上、本番は「いま」

 

視聴者の目に、耳に届いてるのは「いま」

 

 

なんですよね!!

 

もっと、

「作品、アニメを視聴者、(作品の)ファンに届ける」

ことに、貢献したいよなって感じるんです

 

 

自分は作曲家として、

知名度も影響力もある人間ではないです。

・・今はね!笑

 

 

なので、

「影響力のない私が何をやっても。影響力があったら、作品にも音楽という角度以外にも貢献できるんだけどな」

って考えてました。

 

じゃあ、ないならやらないの?と。

そんな「才能ないから諦めます」みたいなこと言っていいのかよ、と。

「どうせたった1票だから」って言って選挙に投票しなくていいのかよ、と。

 

 

影響力がないからとかたわけたこと言ってないで、

それでも今からやれよ、おい!

 

やれば力になれるよ!!!今だって!!!

 

って思いました。。

 

 

 

作品自体のことを伝える作曲家になります!!

 

アニメの放送期間は長いので、

作品の世界観、楽しさ、魅力、

 

作った楽曲と共に、

記事を綴っていきます!!!

 

 

 

 

 

 

「肩書きは自分です」の働き方

本日も、現在放送中のアニメで必要な唄を作っていました^^

 

仮歌を入れるのに、自分の声を用いているのですが

自分の声を聞くってなんだかちょっと照れくさくて笑、

 

そんな気持ちの中で、

「こうやったら歌詞の意味に合ってる雰囲気かな〜?」

なんてことを考えながら書いていました!

 

f:id:mika_ishii:20161113025656j:plain

 

f:id:mika_ishii:20161113025933j:plain

 

あたたかみのある音楽は好きなので、

ほんわかした気持ちになれる曲に仕上がってきています^^*

 

 

現在、「ねこざかな」「コケッコーさん」の楽曲担当中です^^*

各作品の素敵なところも、追って記事を書いていきます!

www.tv-tokyo.co.jp

 

明日も放映されますので、ぜひ観てくださいね!!

 

明日っていうか、4時間後です!!!笑

私も起きますので!!!

 

 

さて、

 

 

「働き方」って、すごくすごく関心のあるテーマ。

 

最近、「肩書きは(自分の名前)です!」って方、たくさん見かける。

 

ノマドワーカー代表でセルフブランディングの認知を広めた安藤美冬さんも「職業は安藤美冬です」と言っているし、

 

f:id:mika_ishii:20161112225336j:plain

 

安藤美冬さん

andomifuyu.com

 

 

 

 

「好きなことを、好きな場所で、好きなだけ♡」を体現した、ワークライフスタイリストの宮本佳実さん。

 

f:id:mika_ishii:20161112225451j:plain

 

多くの女性に新しい働き方を提案したワークライフスタイリストという世界観を築いたこの方も、「仕事は宮本佳実であること」と著作に書いていました。

 

ameblo.jp

 

 

自分の仕事・活動内容が「自分オリジナルである」ということを指した表現なのですが、自分特有の仕事を作り出せる存在感が本当にかっこいいです・・。

 

 

自分の強みを生かして仕事するって、

これから先増えてきますよね、流れ的に。

 

西野亮廣さんの「魔法のコンパス」にも書いてありましたが、

books.rakuten.co.jp

 

2045年には人工知能が人間のIQが超えちゃうらしいです。

 

ってことは、基本多くの仕事・・どころか、

今存在する仕事のほとんどが、人工知能ので代用可能ってこと。

 

 

作曲家だって、いくらクリエイティブな分野とは言っても

30年後には人工知能が(も)仕事してると思います。。

 

 

去年のWIREDの特集にも載っていましたが、

wired.jp

 

すでに機械が曲を書けるようになっているんですよね・・;

 

 

 

先のことはすべてわからないし、

いくらいつか機械にとって代わられる未来が待っていようと

いい曲を書く姿勢は生涯持ちたいものです。

だから今やるべきことはやるわけなのですが

 

並行して大切なのは

「代えが効かない存在になること」を意識していくこと

 

これは、先ほどの話に戻りますが、

 

「自分にしかできない仕事を作ること」

という視点を持つことが大事なんだと私は思っています。

 

「肩書きは石井美夏」

になる必要がある。

 

必要があるとかちょっとカッコつけましたが

 

なんていうか、

「自分にしかできない」ってかっこいいし!

 

そうなるために、

いろいろ頭を使いながら、

その時のアイデアを実行していくフットワークの軽さと

継続力が重要ですね。

 

 

 作曲家というのも、

 

「曲を書く・届ける」

という従来の価値だけでなく、

 

新しい価値を提供することができるのではないかと、

考えていたりします。

 

思考段階で言葉にしきれていないですが、 

 自分の考える「新しい価値」というのも、

また記事にしていきたいです^^

 

 

soundcloud.com

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションを楽しむみたいに、音楽を聴く

f:id:mika_ishii:20161111000910j:plain

 

去年、スピッツにはまっていて、ほかのJPOPを聴く隙がなくらい、スピッツを聴いていたことがありました。

 

これがとても不思議で、おそらく20年前から存在を知っていたスピッツを、去年ようやく多く耳にするようになった。

 

 

 

わたし自身のどこかに、スピッツの世界観と共鳴する部分がもともとあったのか、

 

その時自分のセンスがようやく追いついたのかわからないけど

 

好きで聴きたい音楽を聴いているときの自分とういうのは、その音楽が「在りたい自分」の一部分を切り取ってくれているかんじ。

 

聴いていることで心地良く、なんだか自分らしくいられるかんじ。

 

聴きたい音楽が、自分自身をそのまま映し出してくれてる。

 

 

f:id:mika_ishii:20161108184801j:plain

 

どんな人もそうなんじゃないか、と思うけれど

自分のセンスって、ぜったいだと感じるものだと思う。

ぜったいではなくても、大切にはしている。

意識しなくても。

 

 

「この人めっちゃセンスいいな!」

と思う人がいても、

 

スピッツのセンスがわかる自分のセンスはぜったいだ!」

と、思う感覚って、音楽が好きなひとならわかる感覚だと思うんです。

 

 

好きなアーティストは、自分のセンスと世界観を切り取って表現してくれる。 

自分がどんな音楽が好きかって、どんなファッションが好きかっていうのと似てる。

 

 

自分の好きな音楽のセンスを、ふかく好きでいられるひとりひとりのセンスを

大事にしていくこと

 

 

ミスチルはぜったいだ!」とおもうひと

aikoはぜったいだ!」とおもうひと

 

 

好きな音楽で日常を彩って、

自分のセンスを大事に育てていきたいですよね*

 

 

現在、毎週日曜 7:14〜7:30で放映中のきんだーてれび内アニメ作品の音楽を担当しています^^

 

www.tv-tokyo.co.jp