春の訪れ、イベントのあとの心模様

企画していたソーシャルメディア勉強会、

大盛況で終わりました。

本当にありがたく、幸せな気持ちに満たされています。

 

 

「ありがとう」って嬉しいですね

ちゃんと心のこもった、本当の気持ちからのありがとうを

言っていただけたと思いました。

 

 

企画についての記事は、終わった後からまとめていたのですが

なんだか納得のいかない記事になりがちで

 

落ち着くまで時間を置いていました。

 

 

今は気持ちがしゃんとしていて、

書きたいことが書けそうな気がします。

 

「自分の時間」てかんじになってきました。

 

 

 

当日は緊張していましたが、

参加者の方は全員私が好きな方達。

 

 

私は当日までの進行が下手で、

スタッフや講師に心配をかけるような場面もたくさんあったのですが

 

どんな人が来るか、

全員を知っている私は「うまくいく!」とわかってました^^

 

 

日々、自分の力では手に負えないようなことがあると、

あっぷあっぷ (むしろ今回の企画もね・・)

 

でも講師の皆さんの話を聞きながら、

どんな人も

「これ、できるのか?」と思うことへ

誰しも果敢にチャレンジされているんですよね。

 

 

「自分の前に壁があって、常に乗り越えようとしてる」

ってことは、みんな同じなんだなと思いました。

 

 

来てくださった方たちに、本当に感謝です。

 

幼馴染のさわなちゃんは、昔からの私をあたたかく見守ってくれていて

当日まですごく私に力をくれてました。

 

田畑さんはどんな時もポジティブに私の背中を押してくれていて

参加するにも当然のように来るよと言ってくれて感謝。

 

 

音楽院時代の先輩ふたり、

はまちゃん先輩と蒲原先輩は、変わらず成長を見守ってくれて

出会って10年経っても関係があることが嬉しいです

 

書ききれていないのですが、

つながりというのは

自分の人生を幸せで満たしていくに不可欠なのだと感じました。

 

 

イベント終了後に何かが吹っ切れて。

 

ともかく

 

「やりたいこと」

「好きなこと」

「幸せに満たされること」

 

そういう、自分の感覚に磨きをかけていこうと改めて思いました。

 

イベントとの関連性は?

って感じですが笑、

 

この企画は自分にとって本当に何か節目になりました。

 

 

よりいっそう、

人も、場所も、物も、時間の過ごし方も

一つ一つの選択に、自分の感性を頼る。

 

 

自分の感覚を信じて、磨いて行く

それで、むりめなことも含めてハードル高めなアクションを起こす

 

今回の企画も、私にとってはやや高めのハードルでした^^;

 

 

信じてやってみると感覚はどんどん研ぎ澄まされて、

自分の中でいきなり変化を実感できたりします。

 

 

ひとりひとりの個性や、大事にしてるものや、愛を込めてるものって

知るとすごく嬉しい。

センスに触れると、とてもゆたかな気持ちになります。

 

 

まなさんが言っていた「ブログを育てる」という内容が

すごく印象に残っていて

 

 

私、ブログってやっぱりただの「ブログ」だったんです。

”パソコンで文字打って記事を投稿”

というくらいの感覚。

デジタルだし、やっぱりどこか作業的に書いてる時もあった。

 

 

「ブログも育ててあげないとかわいそう・・」というような言葉の選び方が、

それだけ愛を込めてきていらっしゃるんだな

ブログは自分の一部 くらいに思って

大事に日々を綴ってきている・・それって素敵だなと思いました。

 

 

愛を込めるっていうのはなんでもそうで、

自分も、技術も、人との関係も、

全部育てるもの。

 

愛を込めて取り組むと、

(愛・・これって女性ならではの表現ですよね;;なんて言ったらいいのだろう?)

 

 

なんでも育ってゆくんだと思います。

 

自分の心も、体も、

わかりやすく言えば容姿だって。本当に、どんなことも。

 

 

ブログだったら、デジタルだし、

「育てる」って言ってもピンとこない人もいるかもですが

私はどんなものも育ってゆくんだと思っています^^ 

 

 

自分の心に正直に、

いつも気持ちを正せるように

 

まだまだこれから

これから、始まるのだなと思い

 

桜の開花前から花が咲き始めてます

 

 

 

 

 

自信のない時期も長く過ごしてきた自分

 

拓実くんがこの日に撮ってくれた写真の自分の表情を見て

「私、少し成長したかも」

 

と思いました。

 

f:id:mika_ishii:20170309201222j:plain