鈴木ミカ / Contemporary Life

作曲家を中心に、ライター、漫画などパラレルキャリア推進中の鈴木ミカのブログ

どうしてみんな、ブログのスタイルを決められてしまうのか!

流山おおたかの森(住んでるとこ)の、

駅前にあるショッピングセンターの屋外テラス席でブログを書き始めてます!

 

 

なんていうか、タイトルの通りなのですが、

「ブログの文体を統一する」のが私にとって難しくて笑、

正直アカウントを複数立ててる状態なんです・・^^;

 

みんなどうやってカチッと自分の文体、

また「ブログで表現したいこと」を決められてしまうんだろう?

 

 

本やブログを読むのは大好きで、

毎日色々な文章に目を通してはいるのですが、

 

 

人によって「すごくキャッチー!」「読みやすい!!」「面白い!」

みたいな文章だったり、

「内容が素晴らしい・・」「真面目な感じがいい・・」

と思う文章だったり、

「すごく、為になる。」

という内容だったり。

 

 

 

あと、流行りの女性起業?をしている人だったら、

アメブロを使って上手に集客ブログを育てています。

 

 

本によっても、

「この人はすごくキャリアウーマンて感じで、硬い文章だけどそこに品格を感じていいな〜」

という本だったり、

「読みやすい。幅広い人に読まれやすい、内容も難しくなくてするっと頭に入ってくる本だな」

 

と思ったり。

 

 

人によって文章にスタイルがあって、

そのスタイルが「その人らしさ」につながっていて、

それが素敵だな〜

と感じます。

 

 

 

そう思うと、

 

「・・・・私自身は、一体ブログ(文章)でどんなことを表現したいんだ?」

 

 

と、混乱してきてしまったりしてました。

 

 

 

 

 

でも、結局ついさっき結論が出て!

 

 

 

 

「書きたいことを、書きたいアカウントで、書こう」

 

 

 

ということ。

 

 

今、それだけ書きたいことがあるというのは、

自分にとっても楽しくて嬉しいこと。

 

 

「この内容は、こっちのアカウントで、表現したいんだよね〜」

 

 

みたいなゆるい感じでいい!

 

 

 

と思いました。

 

 

 

 

文章書くのってすごく楽しくて。

作曲とはまた違った醍醐味があるなと思います。

 

 

スタバで仕事できちゃうのも素敵。

本屋さんで情報収集できちゃうのも素敵。

 

 

 

そんな感じで、

 

 

「書きたいことを書く」

 

 

せっかく書くことにはまれてるので、

新たなスタイルが見つかるくらいに毎日文章と友達でいようと思います!