鈴木ミカ / 主婦りーらんすの暮らし方

鈴木ミカ/主婦りーらんすの暮らし方:主婦を120%楽しみまくる暮らし方や生き方、働き方を研究中!

”今を幸せにするスキル”がすごく高い人たち

今日は夫婦でもくもく会中です!

(※もくもく会とは、同じ空間で互いに別の作業をもくもくとすること)

 

けんちゃんもブログを始めるみたいです(・ω・)

私も更新が楽しみ。今日はまだ記事を書かずにカスタム中。

シェアできるのも楽しみです^^

 

   f:id:mika_ishii:20180108233008j:plain 

「今を幸せにする方法」

 

うちの母は、「幸せ指数」がとても高い。

 

「幸せ指数」とは、

 

特に何かあるわけでもないのに、

毎日をすごく幸せに生きれるということ。

 

自分自身で、自分を幸せな状態に保てるということ。

 

すごいなと思うし、ほとんど尊敬しています。

  

母の暮らしはすごくフツー。

 

母の好きなこと、それは趣味の洋裁やおかし作り。

あと植物を育てたり。

 

特にそれを仕事にしたいとも

思っていない。

 

仕事はすごくささやかに、

子供と関わる仕事を少し。

 

毎日、ご飯を作るための買い出しに行ったり、

天然水を汲んできたり。

 

友達も特に多いわけではなくて、

決まった友達と狭い範囲で交流をしている。

 

すごくフツー。

 

フツーの暮らしに幸せを見出せる

父はいないので、母はいつも一人で生活している。

 

私だったら今、夫がいなくなったらすごく寂しいし、

一人でも毎日楽しくいられる母って、

強いな〜なんて思っちゃう。

 

でも、母はもともと強いわけじゃない。

母は強くなくても生きていけるように、

与えられた自分の資質や性格でベストを尽くしてるってことなんだと思う。

 

 

今、自分にできることをする

私なんか特に、今自分にできないことを求めてしまったりすることがある。

「ない」より「ある」方がいい。って思っちゃう。

 

母を見ていると

「足るを知る」じゃないけど、

今できることをちゃんとして、それで幸せを実感できる。

今を幸せにするスキルがすごく高い。

 

<追記>

「足るを知るではなく」、「足らざるを知る」

の方が私の言いたいことだなと、小説を読んで気づきました。

「勝手にふるえてろ」小説からの学びがヤバすぎる!! - 鈴木ミカ / 主婦りーらんすの暮らし方

 

必要なのは、感謝

けんちゃんから教わったのだけど、

「幸せ」を感じるのに必要なのは、「感謝」。

 

よく本にも出てくるけど、

やっぱり感謝が大事みたい。

 

ポイントは、

感謝できることに気付くこと。

よく本に出てることかもしれないね!

 

 

でも、うまくいったことだけに感謝するんじゃなくて、

日頃、日常に感謝をしながら生きていける人って純粋に素敵だなと思う。

 

私は感謝とか結構おろそかにしてしまうところ、

正直あると思う。

感謝。感謝。

感謝する、というスキルって身につくのかな。

スキルとかいってる時点で大丈夫なのだろうか。

 

まずはありがとうから

「ありがとう。」

してくれたことにありがとうをちゃんと言うこと。

私にできることは、まず「ありがとう」を言葉として

使うことなんじゃないかなと思っている。

 

このありがとうというのが、自分の幸せにもつながってくる。

ありがとうと言うことは大事にしたい。

 

 

傲慢な性格の人ほど、ありがとうという言葉を使わなそうな気がする。

自分の実力などにおごって「ありがとう」を忘れてたら、

それはなんだかセンス良くない。

 

やっぱり素敵な人、幸せな人は「感謝の気持ち」って大事にしていると思う。

 

与えられた自分の資質や性格でベストを尽くす

母は強くなくても生きていけるように、

与えられた自分の資質や性格でベストを尽くしてる

 

ってさっき書いたのだけど、

私もそれを目指したい。

 

 私自身も強くないし、でも、

母みたいに「今に満足できる」生きていけたらいいなと思う。

 

そうやって、尊敬できる人が身近にいるのは

それこそ、「ありがたい」ことだと思う。

 

 

最後に

今日の内容は、なんだかちょっとかたくなってしまったけど、

私自身ができていると言いにくい

「感謝をする」

ということを改めてできるように意識して生きていこうと思う、

良いきっかけになりました!

 

今日もありがとうございました!*