鈴木ミカ / 主婦りーらんすの暮らし方

鈴木ミカ/主婦りーらんすの暮らし方:主婦を120%楽しみまくる暮らし方や生き方、働き方を研究中!

「誰でもきれいになる!」願いを叶えるたった1つの方法。

こんにちは!

美容ライター(!)の鈴木ミカです⭐︎

 

私は美容の本が大好きです。

何十冊と読んでいるわけではないけど、

そのノウハウみたいなのを読むのはすごく楽しい。

 

  f:id:mika_ishii:20180111071833j:plain

 

 

気に入った美容家さんの本があれば手に取ります。

好きな美容家さんは、神崎恵さん・石井美保さん・白川みきさんです。

 

本を読んだり、自分のこれまでの経験などから、

「これがいちばん大事」と思うことを綴ってみます!

 

目次

 

 

その人にとっての「きれい」というのがある

 

いちばん大事なのって、

その人らしく生きているからこその、

セルフイメージの高さです!

 

「らしく」生きてて、自分をしっかり持っている。

セルフイメージがちゃんと高い人というのは、

目や鼻の作りとか関係なくきれい。

 

自分らしく生きて魅力を発揮すること 

 

例えば若い女優さんは確かにまぎれもなく美人かもしれません。

でも、「きれい」はその人たちだけの特権じゃない。

やっぱり、自分らしく生きて魅力を発揮することが「その人にとってのきれい」につながるんです。

私も目指すところです^^;

 

そこを土台として、「美しくなるケア」「ファッション」「メイク」なども、自分に合ったものを追求していくと+αできれいに見えます。

 

逆説的ですが、自分の土台に自信を持たせるために、

ファッションやメイクで自信をつけることができます。

 

+αの力を借りて土台を整えるってことですね・・(後述)

 

 

こういう顔立ちが可愛い、

鼻が高くなきゃだめ、

色白が美人、

目がぱっちり、

 

とか、そういうことだけを「きれい」としない

「美しさ」があります。

 

これは私がこの記事で言いたいこと。

 

きれいを目指してケアするのは大事、だけど 

いや、「きれいになりたくてケアする」

というのはとっても大事なこと。

 

「きれいにケア」をしている人は、

「ちゃんとケアしてる感」

という美しいオーラを放っていますよね。

 

RUSHとかSAVONとか、ボディケアブランドの店員さんは、

肌や髪から「ちゃんとケアしてる感」が出ていて、女性らしさが漂っている。

きれいに映りますよね!

 

でも、ケアをまったく怠っていたり、そういうのズボラ!

最低限しかしないよー

という人でも、きれいだなって思う人いませんか?

 

それはやっぱり。

その人らしく生きていて、セルフイメージが高い人!

だと思うんです。

 

f:id:mika_ishii:20180111071643j:plain

 

 きれいって、個性をいちばん発揮した時に現れるもの

「凛とした女性」そういうものに憧れます。

自分がきれいかどうかなんて気にしないくらい、

自分の生き方に信念がある女性、はたまたゆるっと力が抜けてる女性。

それは個性。

 

もともとの顔って実は関係ない。

その人の生き方やセンスが出るものだと思います。

 

それで、個性を磨くこと。

 

私が思うきれいというのは、

いかに自分らしく生きられているか。

そこから出るその人の魅力が、輝いているかどうかということ。

 

魅力を出すためにメイクをするというのはもちろん手。

でも、中にはメイクなんてしない!という人でも、きれいな人もいます。

 

ようは、その人の魅力を最大限に生かす生き方をしているかということ。

個性を貫けているかということ。

そこがすごく大事。

そして、セルフイメージの高さが何より大事です。

 

とはいえセルフイメージを高く保てない・・

私は常にセルフイメージを高く保てません。

むしろ自信なんてない!って時も多くある。

 

そんな時に自分を助けてくれるのが、

やっぱり「メイク」と「ファッション」。

 

美容ライターをしてみてわかったのですが、

 

どうやらコスメには

自分に合うもの合わないものが明確にあるようなのです。

 

自分に合ったメイクを見つける努力について

メイクで自分らしく美しさを表現する努力は、

いちばんのきれいの本質ではないにせよ、すごく有効です。

 

メイクをまったくしないよ、という人なら、

ベースメイクだけでもいいと思います!

(ベースメイクって、基本的に肌を美しく見せるためのメイクですね)

 

コスメカウンターなど、勇気はいるかもしれませんが

得るものはあると思います。

思い切って自分に合うメイクをアドバイスしてもらうのは手です。

 

それで、

あー、メイクすればこんなにきれいになれるんだ!

と実感することは、自分に自信をつけることにつながります。

 

 ファッションも然り

ファッションについても同様で、

自分のスタイルに合った服選びは大事です。

 

私だったら、女性らしいものは避け気味。

髪は常にショートカットですし、

服は黒。

 

明るい色を着たい時もあるし、着ることもあるけど、

黒にジャケット、というようなスタイルを好んでいます。

 

パーソナルスタイリストさんに見てもらったこともあります。

私はスプリングで、明るい春色が合うらしいのですが、

 

黒とジャケットが好きなので、私はこれでいきます。笑

 

まとめ

いちばん大事なのは「セルフイメージ」の高さ!

自分らしく生きて魅力を発揮するのがきれいのコツです。

メイクやファッションは+α。

でも、自分らしく生きる土台としての、自信をつけるのに有効!

メイクもファッションも、自分に合うものがある。

 

今回は抽象的な内容だったけど・・

また、もっと具体的な内容も書いていきたいです。

実践編には、メイクのやり方や写真の撮られ方など、

見た目にまつわる内容になるかもしれませんが、

 

私は基本的に内面の美しさ重視派です!

 

ありがとうございました* 

 

このブログについて。私のこと。

mika-ishii.hatenablog.com