/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

ブログで夢を叶える*

鈴木ミカのブログ:ブログを軸にした生き方、暮らし方発信中!

「勝手にふるえてろ」小説からの学びがヤバすぎる!!

しがない専業主婦(!)、鈴木ミカです。

 

綿谷りささんの「勝手にふるえてろ」が超いい感じなので、

ぜひシェアしたいと思います!

 

f:id:mika_ishii:20180110204811j:plain

12月に映画にもなってます、観ないとなー

 

目次

 

自己啓発本は読書に入る?

 

ところでみなさん、・・小説読みますか?

 自己啓発とかスピリチュアルばっかり?

 

自己啓発書とかばっかり読んでるのって、

なんかダサくないですか?

 

「絶対に成功する5つの法則」

「波動を上げる7つの方法」

 

とかばっかり読んでる人って、

逆に成功しなさそうじゃないですか?

教養なさそーww 

 

読書=自己啓発とかスピリチュアルオンリーって・・

 

それ、読書じゃないし。

 

読書と言ったら、小説。

本嫁!

 

小説たくさん読めたらかっこいいんだけどな・・

 

すみませんでした。

これは私のこと。

私のことなんです。

 

むしろ記事にまでしてる・・

美人心理カウンセラーに聞く、成功への4ステップ - 鈴木ミカ / 主婦りーらんすの暮らし方

 

引き寄せと天職の関係性について! - 鈴木ミカ / 主婦りーらんすの暮らし方

 

 

私自身が小説、あんまり読まないんですよね・・。←

読めたらかっこいいなって思うのですが。

 

愛読書は自己啓発・・・だけではないけど、多いかも。

あとは美容とかファッションとか雑誌とかエッセイとか電子書籍とか?

 

超話題作、芸術的・大人の恋愛小説「マチネの終わりに」すら、

途中で挫折。

 

f:id:mika_ishii:20180110205932j:plain

 

 

文学読むセンスなさすぎじゃん

って思って。

悲しい気持ちになりました。

 

※あ、でも「火花」は面白く全部読めました!

又吉さんすげー!「劇場」はまだ読んでないけど!

 

f:id:mika_ishii:20180110194815j:plain

 

勝手にふるえてろ/綿谷りさ」 これ・・最初っから面白い!

 

みんなの欲しがる気持ちが競争を生み、切磋琢磨でより質の高いものが生み出されていくのですね。でも疲れたな。

 

がむしゃらにがんばってきてふと後ろをふり返ったとしても、やりとげた瞬間からそれは過去になるんだから、ずいぶん後から自分の実績をながめ直してにやにやしても、まあ、そんなでしょ、べつにたいして幸せじゃないでしょ。逆にちょっとむなしいくらい。

 

うわー、私これ共感しちゃうかも・・ 

と、出だし1、2pの文でいきなり心を打たれました。

 

私も、もっと欲しいと思うところあるし。

競争なんて大の苦手だけど、

やっぱ競争ってつきものだし・・ライバル視とかしちゃうし。

そういう土俵で活動しようとすることある・・・・でも確かに疲れる。汗

 

自分の過去をふり返ってみる

 

作曲家になったー!アニメの曲書いた!やりとげたー!

でも、

やりとげた瞬間からそれは過去になるんだから、ずいぶん後から自分の実績をながめ直してにやにやしても、まあ、そんなでしょ、べつにたいして幸せじゃないでしょ。逆にちょっとむなしいくらい。

 

・・・むなしいくらい。 

 

・・いや、そんなむなしくなってないですよ?汗

 

でも、このような表現をしてもらうと、こういう見方もできちゃうなって感じました。

自己啓発本だけ読んでたら、こういう見方をできなかったように思います。

 

小説ってすごいですね。

物語の中の文章を通して、視野を広げてもらった感覚でした。

 

向上心を「本能」、それを「野蛮」と表現されてたじろぐ 

限界まで努力してやっと達成したくせに、すぐに顔をきりりとひきしめて”さらに上を目指します”なんて、言葉だけなら志の高い人って感じでかっこいいけれど、もっともっと進化したいなんで実はただの本能なんだから、本能のまま生きすぎで、野蛮です。

 

作曲家になった。

次はもっといろんな人に自分の曲を聴いてもらいたい、

”さらに上を目指したい、もっともっと進化したい”。

 

本能のままに生きすぎなのかな・・・・(白目)

 

本能の・・まま・・

 

 

そういうところは、ある。

私は、本能のままに生きることを好むタイプだなと思う。

そういうところが、自分の中で嫌いなところです。

 

私は、自分とは逆に、

あるものでしっかり幸せを感じられる人が好き。

そういう人が美しいと思うし、かっこいいと思うし、好き。

 

向上心もある。

でも、手元にあるものでちゃんと幸せに生きられる。

そんな人が好きなんです。

 

本能を抑制しながら生きれるというか、

「足るを知る」ということがしっかりできている人に憧れがある。と、

こんな一文を一昨日書きました。

 

(私のブログから)

私の母は

「足るを知る」じゃないけど、

今できることをちゃんとして、それで幸せを実感できる。

今を幸せにするスキルがすごく高い。

”今を幸せにするスキル”がすごく高い人たち - 鈴木ミカ / 主婦りーらんすの暮らし方

 

足るを知るじゃない、「足らざるをしる」

そこで、勝手にふるえてろの文章。

足るを知れ、って言いたいのかって?ちょっと違う、足らざるを知れって言いたいの。足りますか、足りません。でもいいかんじじゃないですか、とりあえず足元を見てください、あなたは満足しないかもしれないけれど、けっこう良いものが転がっていますよ。色あせてなんかいません、まだ十分使えます。ほかの誰かにとっては十分うらやましいじゃないですか、そのふちが欠けたマグカップ。水玉柄がかわいい。求めすぎるな、他人にも自分にも。

 

この表現の方が、あたしの言いたいことだー!!足るを知るじゃない、足らざるを知るだー!

 

と理解した時の感動が半端なくて、

表現の引き出しを増やしてもらった気がして、

 

この本、買おう。と思いました。

 

今、引用した文は全て始めから3pのものです。

たった始まって3p。すごく引き込まれました・・・。

 

内容にも、なんですが、

言い回しから伝えてくるものが、

最近読んだ文章よりもどれも秀逸。

 

自己啓発では、絶対気付けなかった視点に立てたんですよね。

 

小説家ってすごいなあ。

 

いろいろ綴ったけど、これは恋愛小説です。

最初の3pのことばかりが今回衝撃で、

そのことを中心に書いてしまったのですが、

この本は恋愛小説。

 

まだ読み進み切れてないのですが、

おたく期間の長かった良香の恋愛物語です。

 

そしてさっきの文章、

「足らざるを知る」を、別に主人公はできていない。笑

 

次の文で、

でも私はイチがよかった。二なんていらない、イチが欲しかった。

 って言ってますからね。

 

最後に 

本当は全部読んでからレビュー書いた方がいいと思ったのですが、

もうこの最初の表現が自分の中で、

 

小説家ってすごい!やっぱ小説も読まなきゃなあ!

勉強になるなあ!!

 

と感じて、どうにも感想を書きました。

これからゆっくり読みます!

 

と同時に。

 

小説からも、いかに得るものがあるかって実感できました。

「得たいものがあるから」っていうのは、

「純粋に物語を楽しみたいから」という高尚なスタンスからくる読み方とは

違うかもしれません。

 

でも、今の自分は「活字を通して学びを得たい」。

それをブログを書く際にも生かしたいと思っているので、

これはこれでいいかな・・!

 

 

そんな感じです!

良かったら読んでみてくださいね!*

 

ありがとうございましたー!

 

f:id:mika_ishii:20180110210130j:plain