/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

作曲家 鈴木ミカの音楽日誌

音楽を求めている方へ

こわかった。自分が一人でたくましく生きられないことに。

誰と付き合ってもうまくいかなかった。

 

人並みには恋愛したものの、

すぐに終わってしまうパートナー関係。

 

自分が呪われてるんじゃないかと思った。

恋愛の神様は絶対に私の味方をしてないし、

むしろ厄病神がついてる。

 

そう思うくらいに。

 

子供の頃って、

お父さんとお母さんが結婚しているみたいに、

フツーに誰かと一緒に生きれるだろうって思ってた。

 

そしてあたたかい家庭を築いて、

子供を育てて。

 

そんなのって当たり前かなって。

 

でも、実際大人になってみれば、

 

信頼できそうもない、

適当な人とか

嘘をつく人とか、

 

そんな男の人ばかりが世の中にいるし

 

私自身が、

 

「誰かと一緒に生きていけるほど

できた大人じゃない」。

 

こんな自分が、

誰かの人生を背負うような

そんな「結婚」なんて、

無理だなって思った時、

 

すごく絶望して。

 

あー、一生一人かもって。

それこそ、自分一人で生きていけるような

強さもないし、

どうしよう。

どうしよう。

 

 

「人並み」に生きるって、

難しいじゃん。

誰でもできないじゃん。

 

そんなことを考えて、

落ちこんで

 

出口がずっと、見えないような気がした。

 

 

***

 

そんな悩みをずっと抱えていました。

そういう気持ちを抱く女性も、

もしかしたらたくさんいるんじゃないかな・・

 

本当の、当時の理想は、

「結婚しなくてもバリバリ生きていける、

仕事ができるかっこいい女性」

 

これが憧れ。

 

憧れすぎて、そんな自分を装ったりして、

しかしボロが出て。笑

 

今でも、そういう一人でたくましく

生きられる強い女性には

惹かれてしまいます。

 

でも、

残念ながら私は本当に、

弱くて、

人並みに物事をこなせる力のない

人間だった。

 

「好きなことをやって、

一人でもたくましく生きていける子に

なってほしい」

 

お父さんからそう伝えられて生きて来たけど、

 

・・・ごめん、パパ。。

私、強くなれないーと

悲しくなりました。

 

しっかり成長できないまま、

父は他界します。

 

 

でも、お父さんは、

私がどんなにカッコ悪くても、母と共に

いちばんの味方だった。

いつでも肯定してくれて、

ごくたまに叱ってくれて

たくさんたくさん、愛情をもらいました。

 

 

そして、

そんな父顔負けに、

愛情をたっぷり注いでくれる

いちばんの味方になってくれる

夫に出会えました。

 

一人で生きていけるほどの

たくましさが持てないことは

ずっとコンプレックスだったけど、

 

もう、自分を許してあげようかなって

思えるようになりました。

強くなれない自分を

ちゃんと肯定できるようになったのは、

 

「そのままでいいよ」

と言ってくれる夫のおかげ。

 

夫のおかげで、

私はまた、

自分らしく生きるための道を

思い切り探せるようになりました。

 

今、パートナーが見つからないっていう人も、

きっと大丈夫。

 

誰ともうまくいかなかった、

私でも見つかりました^^;笑

 

友達にもきっとそうだよーと言われたのですが、

私が夫と結婚できたのは

「神様のご褒美」。

 

本当に、そんな気がします。

 

父が亡くなる時、いなくなった後、

 

辛いことたくさんありました。

すごく苦しくて、

人生って、なんて大変なんだろうなって。

 

人に迷惑かけたり、

自分が見えなくなったり、

 

うまく生きれない時期は長かったです。

 

でも、あきらめずに

自分と向き合ったと思う。

 

いやむしろ、諦めたこともあったかもしれません。笑

 

でも、必死で生きてこれた。

 

そしたら、夫と結婚することができました。

 

そういうミラクルって、あるんだなって

思います。

 

 

***

 

私がした結婚は、

「運命な人」なんてありがちな言葉では表現できない、

現実的な結婚したと思います。

 

すごく大事なのは、

 

一緒に生きていけるかどうか

 

ということ。

 

 

100歳まで一緒にいても、

 

人生が楽しく、

明るく、

幸せで、

元気に、

穏やかで、

安心できて、

子育てができて、

 

そういう男性を、

 

自分で、選ぶこと。

 

よく考えたというより、

自分の本能が、

この男性と生きたら

幸せに生きれるとしっかり判断して

出した決断をする。

 

 

出会うためには

いろんなところに足を運ぶ必要が

あるかもしれません。

 

でもきっと、

やみくもに出会いを探すだけでなくて

自分の人生に課題のようなものを

があり、それを乗り越えること。

 

私の体感としては、

それが大事なことだと感じています。

 

もし今、結婚したい!でもできない!

と思う人は、

 

 

また、自分の感覚を大事に

出会いの場に足を運んだり、

 

出会ったことのある男性を

思い返したりしながら

 

自分の課題はなんだろう?

と、向き合ってみてください。

 

試行錯誤していく中で、

 

きっと良き出会いに

結びつくと思います!

 

f:id:mika_ishii:20180111220004j:plain