/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

ブログで夢を叶える*

鈴木ミカのブログ:ブログを軸にした生き方、暮らし方発信中!

ピアノがうまくなりたいなら、まず音楽を聴こう。話はそれからだ!

今日はピアノを楽しむための話^^*

 

以前に書いた記事。

自分らしいピアノを演奏する方法 - 鈴木ミカ / 主婦りーらんすの暮らし方

はてなブログの解析によると、

私の書いた記事の中で2番目に人気が高いらしい。

 

嬉しいので、ちょっとまたピアノについて

書いてみようと思います^^

 

目次

 

 

f:id:mika_ishii:20180112214131j:plain

 練習より、まずは好きな曲見つけた方がいい。

本当、これに尽きます・・。

 

私は3歳くらいからヤマハへ通い出し、

専門学校でエレクトーンまで学んできちゃいましたが・・

 

「うまい」か「へた」か

という尺度だけで音楽をやってたことが、

非常にもったいなかったなと思うのです。

 

音楽って本当、楽しんだ方がいい。

 

今あの頃に戻れるなら、

「もっと好きな音楽見つけた方がいいから、

練習するよりCDショップに行こう」

と伝えたいくらい。

 

小さい頃からピアノを習っていたとしても、

途中でやめちゃう人がいかに多いことか。

それってやっぱり、「無理やり練習してる」から。

 

これは私にできなかった、人に教わることができなかったからこそ

これから音楽をする人や、

今ピアノの練習に苦労している人に

伝えたい。

 

「練習が楽しくない」なら、

好きな音楽を見つけることに力を使ってみてほしいです。

好きな音楽を見つけて、音楽への好きが深まれば、

結果として長く音楽を続けることができる。

うまい下手より、もっと音楽を好きになることが大事。

 

クラシックだけが音楽じゃないよ

ピアノの練習、というとどうしてもクラシック音楽に偏りがち。

もっと好きな曲を弾いていいんです。

 

でも、ピアノの先生ってどうしても

「バイエル」「ハノン」

ここからやりがち。

 

大事なことかもしれないけど、

私はもっと大事なことがあると思う。

 

習うより慣れろ

 

音楽を習うことより、

自主的に自分で音楽に向かう姿勢を作ること。

 

戦場のメリークリスマスの一部分を弾いてみよう

(全部じゃなくていい!)

ジブリの曲をもっと弾きたい

ジブリの曲って久石讓という人が作っているんだ?

そしたら、この人の曲もっと聴いてみたい。

え!すごくいい!

 

そんな感じで、

「はい、じゃあ来週はここからここまでしっかり練習してきてねー」

とかではなく、

 

自分から音楽にどんどん触れていくこと。

それができれば自然とピアノ力はつく。

何より楽しむってこと。

 

あー、これが小さい頃にもっとできていれば・・・泣

 

私のピアノもちょっと紹介。

ここで私のピアノを貼り付けてみる。うまくはないけど、いいでしょ?笑

A RainyDay ,A silent beginning by Mika Suzuki | Free Listening on SoundCloud

自主的に楽しむことをできていれば

もっと自由にピアノを弾くことができたなあきっと。

 

耳コピがてっとり早く自分のピアノを作るコツ

高校へ入る頃あたりからようやく、

音楽に自分から向かうようになりました。

 

ようやく、好きな音楽を自分で耳で聴いて

再現する・・ということを始めた頃だと思います。

 

ピアノ業界では「聴力を鍛える」とかっていうかもしれないけど、

自分の好きな音楽を耳でコピー、通称耳コピ」は勉強になるし

これにはまれたら一気にうまくなります。

 

聴きながら、自分でその音楽の音を追っかける。

好きなフレーズや、自分のセンスに合ったフレーズは

自分の引き出しにどんどんストックされていく。

 

それが肥やしになって、自分の音楽力は育つし

センスも磨かれていきます。

 

毎週のレッスンでやりがちな「楽譜を譜面通り追っかける」技術より

一人で耳コピやってる方が大事だと

個人的には思っています。

 

 

ピアノを習うメリット

独学で音楽に向かい合えれば習わなくていいと思うのですが、

私自身そうやって先生に頼らずにできるようになるのに時間がかかりました。

 

ここで、ピアノを習うことによるメリットを紹介してみます。

 

習うメリットは4つ。

これは、音楽活動のヒントを伝えている武藤さんという方が

おっしゃっていたことなのですが、

www.3on3live.biz

 

・自分に合ったオーダーメイドのレッスンをしてもらうことで

・迷いがなくなり

・客観的に見てもらうことができ

・モチベーションが上がる

 

そんなことがレッスンのメリット。

 

自分に合った先生を見つけられたら、

確かにそれだけで音楽が楽しくなるかも。

 

とにかく聴くこと、自分の好きを見つけること

先生に教わってより楽しめれば確かにしめたもの。

でも、最終的には自分の音楽活動をしていけるようになることを

目標としたいじゃないですか。

 

音楽活動って言っても、いきなりそれで食べていきたいとか

そういう話じゃなくて笑、

 

一人の音楽家としての自分のスタンスを作るってことです。

 

人生を楽しむために始めたピアノ。

自分のピアノ、もうピアニストと名乗ってしまいましょう。

 

 

そのためには、やっぱり好きな音楽をどんどん聴くこと、

好きを見つけること。

 

好きを見つければ、

「こういう音楽を人前で弾きたい。

この分野の音楽を追求したい」

 

とか、また一歩先のステージにたどり着けるんです。

 

さいごに

今日は、ピアノがうまくなるためには「聴くことが大事」

ということについて重点的に書いてみました。

 

ちなみに私が弾くピアノ、弾きたいピアノは

ポストクラシカル、コンテンポラリークラシカルという音楽です。

 

関連記事

mika-ishii.hatenablog.com

 

 

きれいで美しい、クラシックと現代音楽が混じった音楽が好き。

私自身、自分自身がもっと弾きたいピアノを弾けるように

改めて精進したいと思いました。

 

それでは、ありがとうございました⭐︎

 

歌も楽しいね!*

mika-ishii.hatenablog.com