/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

作曲家 鈴木ミカの音楽日誌

音楽を求めている方へ

ブログが行き詰まった時に効く言葉。再開3か月弱。

 

ブログを書くのは楽しいけど、難しい

ここ2か月くらい、ブログをよく更新しています。

「書くこと」ってとても楽しく、自分に向いてるな?

なんて思っています。がしかし。

 

ブログに人気を出すのは想像以上に難しい。

ちょっと国語ができたくらいでは、

ブロガーになるのは難しいんだなと実感しています。笑

 

 

でも、前からブログに書きたいことはあって、

前々から「書きたい!」と思っていたことを、

バーっとかけました。

 

音楽について、

絵について、

minneについて、

夫婦生活について。

 

ブログにこんなことを書き記しておきたい!

と思ったことが、一通り書けたことに関して、

私は満足しています。

 

よく言う、まずは100記事。

100記事書くのを目指していますが、

まだもう少しかかりそう。

 

100記事を超える頃には、自分の書きたいこと見えてきたり、

スタイルが出てきたりというけれど、

逆に「ブログどうしよう!どう育てる??」

なんて思ってしまっている私がいます。^^;

 

 

毎日読んでくれているお母さんには、

「別に毎日書かなくても、書きたくなった時に書けばいいんじゃない?」

なんて言われています笑。

 

f:id:mika_ishii:20180204103321j:plain

 

確かにその通りなんですけど、私はむしろ、

「書けることがなくても書ける」くらいのプロになりたい。

(っていうかブロガーになりたい!笑)

いつでもどこでも、面白かったりためになる文章が書けたらいいな。

すらすらすら〜*なんて書けるようになればいいな、

なんて都合のいいことかもしれませんが、

そんなことを夢に見ているのです。

 

そんな文章が書けるようになるには、

ともかく地道に毎日ブログを書くこと。

その足を止めないようにしたいな・・と、

いつ止まるかもわからない手を動かしています・・。

  

動かしているのですが、

最近ちょっと行き詰まり気味でした。

というのも、やっぱり実名も公開しているだけあって、

何を公開するかということに関して、

考えすぎちゃっているんですよね。

 

これを書けばいいか、

あれを書けばいいか・・

なんて考えちゃって、逆につまらなくなっちゃっているのかな?

みたいな。

 

あれを書いてもいい、

これを書いてもいい!

というのがブログなのですが、

なかなか自由に言葉を扱うのって難しいなって実感しています。

 

考えすぎって本当いかん!泣

 

なんて書いたところで、なんとか現状を打破したいと思っている私。

朝からこんな本を読んでいました。

 

書く全技術から技術を受けとる

f:id:mika_ishii:20180204093823j:plain

 

「書く全技術 齋藤孝」というこの本。

以前にも一度読んでいた本を再度引っ張りだしてきました。

 

そして、線を引いた箇所に目を通しつつ、

パラパラとめくっていたら、役に立つ言葉発見!

 

発見と新たな視点

読ませる文章とは何でしょうか?

それは書かれたことに”発見”や”新たな視点”が含まれている文章です

 

 たとえ特別な文章力がなかったとしても、”発見”や”新たな視点”さえあれば読者を感動させることができるのです

 

発見と新たな視点。

意識して書けているかなあ。

でも、ただただ日記を書くのではなく、

やっぱり誰かの役に立つ”発見”や”新たな視点”が必要だと学習。

 

考えすぎず、ちょっとした発見や気付き、新たな視点でいいのかもしれない。

読んだ人が「そんな考え方もあるんだ」と思える文章を書くこと大事です。

 

この本の中では、その力を身につけるためには「エッセイ」を書くことを勧めています。

私も、ブログにエッセイのような文章も書いていこうかな、と思いました。

エッセイとは心情を綴ったもの。

心情を綴ったものが面白いなんて素敵だなあ。

書けるようになりたいです。

 

文体を確立する

また、文体を確立するのも大事だと書いてあります。

誰かが読んで面白いかどうか、一番関わってくるのは文章の内容だけど、文体も大いに関わってきます。

 

 

文体をどうやって確立していくのか。

文体を確立するのは容易ではありません。

しかし、優れた文章を広く、深く読み込んで文体を深く感じ取る感性を磨くことで、読む力が向上するとともに、書く力も飛躍的に伸びていきます。

そして、じわりじわりと文体が鍛えられていくことでしょう。

 やっぱり、文体を磨くのも、

「読んで・書く」を繰り返すというのが大事です。

 

私も、今行き詰まっていると書きましたが、

きっとそれでも書き続けた先に身につけられる技術もある!

と思い、書くことを続けていきたいです。

 

やっぱり書くことが大事

そんなこんなで、やっぱり上達するには書くことと読むことが大事。

だから、書けないんだってば!

という気持ちもあるのですが、

書けば書くほど上達する。これに尽きる。

ネタ探しも、きっと日々行っていれば充実してくるかな、

と思いながらブログライフを続けていきたいと思います。

 

記事を重ねればブログが育ってくる。

モチベーションを保つ工夫をしながら、続けていきたいと思います。