/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

作曲家 鈴木ミカの音楽日誌

音楽を求めている方へ

「死ぬほど読書」の感想。おじいちゃんのためになる話。

「死ぬほど読書/丹羽宇一郎

読みました!

(帯のおじいちゃんが気になったので買いました。)

f:id:mika_ishii:20180208214331j:plain

この本は、毎日本を読む丹羽さんが読書をいかに自分の肥やしにしていくか、

いかに読書は楽しいか、視野を広げてくれるか。

そんなこといついて書いてくれている本です。

 

私が、読んでてここためになるな〜!

と思ったアンダーラインを引いた箇所があるんですけど、

そこを紹介してきます。

 

漫画でも本でも、気になった本は何でも読むといい

「気になった本は何でも読むのがいい」

自分が面白いと思うものは何でも読む。学べることはある。

 

私は、例えば「引き寄せ・スピリチュアル」みたいな内容の本とか、

ばっかり読んでた時期があるんですよね。

いやどれも書いてあることほとんど同じじゃん!

て感じなのに、自分を幸せに導きたいから、

どうしても本屋さんでその手の本ばかりを読んでいた。

 

でも、丹羽さんの話からすると、

そんな私の行動だって肯定してくれるんです。

 

はたから見れば雑草のような本でも、興味があればどんどん読んでいけばいいのです。そんな姿勢がある限り、必ず何かを得られるはずです。

 

読んだ本が自分の栄養となるのには時間がかかる、

とも本の中には書いてあります。

私が読んでいた本、引き寄せやスピリチュアルや

どの本も、自分の人生の肥やしになってくれてるんじゃないかなと思うと、

どんな本でも読むことは自分を支えてくれてるって前向きになれます。

 

面白くない本は読まなくていい

「これ、勉強になりそうだし、

本当はそこまで興味ないかもしれないけど、

買ってみようかな。

この本に書いてある知識が頭に入ってたらなんか、

かっこよさそうだし。

無理やりでも読めば、学びになるよきっと。

うん、いいよね!」

 

って考えて購入した本が、

読み始めてみるとやっぱり

ページをめくる手が止まってしまう。

 

なんてことが、私はあるんですけど・・。^^;

 

結論、読まなくていい。

無理しなくていい。

読みたいものを、読みたいだけ読めばいい。

そう書いてありました。

 

興味がある本を読めばいい。

いやというほど読めば、興味は別のもの向かう。

そう書かれています。

 

 なんか安心しちゃいました。

 

かっこつけて、

読んで面白いって思えないけど・・勉強になりそうだからこの本を買う!

ってことは、

この先なくなるかもしれません。笑

 

 小説も学びになる

小説には、たとえ絵空事のような内容であっても、このように作者の体験かがどこかに投影されている。体験というものには、その人が生きている時代や社会の状況がにじみ出ます。

 小説も学びになると思うけど、どこかこうその理由が言葉にならなかった私がいたんですけど、

その気持ちを言葉にして説明してくれた文です。

アンダーライン引っ張りました。

 

例えば大ヒットした小説、又吉さんの火花とか、

読んでてまさに又吉さんのお笑いをやってきた人生が

投影されてます。

 

そこから、又吉さんの人生に触れることができる。

学ぶこと、たくさんありそうですよね!

 

小説からの学びの関連記事

mika-ishii.hatenablog.com

 

小説、正直あんまり読まないです。

 

でも、

これからもっと面白い!と思える小説に

出会いたいと思いました。

 

それに、小説もちゃんと読んでる人のような文章を書きたいんですよね!

 

誰かの文章とか読むと、

その人が日常培ってきた読書の質が、

文章に現れると思うんです。

 

私ももっと素敵な文章が書けるようになりたいので、

小説の読書も必須、

そう思います。

 

欲望をコントロールする

「動物の血」「理性の血」というのが人間には流れていて、

いろんな欲望っていうのはこの「動物の血」の影響でわいてくる。

それを抑制するのに「理性の血」も流れているのだけど、

本を読むことでこの「理性の血」が強くなるそうです。

 

他にも仕事をしたり、人と関わったり。

心を鍛えて真摯に学ぶ姿勢が大事と書かれています。

 

本当の賢者とは、自分の欲望をコントロールできる自制心を持っている人のことだと思います。

自制心を持てる人になりたいと、常々思います。 

 

「もっとわがままに生きていい!」

「どんどん欲望を満たしていこう!」

 

そんな内容の本も、よく出ているな〜と思うし、

私も手に取ります。

そこに書いてあることも納得はできるし、

そういう人が人生が向上しやすいのかもしれない。

 

でも、自制できるってなんていうか、

美しい。

 

自分の欲望をコントロールすることのできる人の方が素敵だな〜

と思ったりします。

 

でも私はどちらかといえば欲望が多いタイプ。

もっとこう自分を抑えていける大人な人間を目指したいです。

 

関連記事

mika-ishii.hatenablog.com

 

 まとめ

本の紹介、というよりも、

私が気になった箇所をバーっとピックアップするような形で

感想記事を書きました!

なので、もっと内容を知りたい・・という方は、

別のレビューを見た方がいいのかもしれません。笑

 

この本は、分かりやすい文章で、

すらすら読みやすいです。

日頃本を読まない人でも面白く読めるような内容になっていると

私は思うので、

ぜひ!おすすめです。