/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

作曲家 鈴木ミカの音楽日誌

音楽を求めている方へ

1日100記事書いたブロガーさんから学ぶ熱量

昨日の記事にも書いたけど、青山華子さんのブログについての経験が本当に自分の励みになるので、もう一度書きたいと思いました!

 

ブログが中心の生活

www.instagram.com

青山さんは、今でこそブログ集客のコンサルタントとして大活躍しているけど、最初の頃はしっかりとブログを書く特訓をなされてた。

1日10記事更新されていて、すごい時は元旦にも関わらず100記事更新!それくらい、ブログに対して熱量が高かったのです。

 

ある時、有名なブロガーさんに「あなたの記事は、ゴミだ。読むに値しないから量産しないでほしい」とまで言われます。

そこでショックを受けて、ブログを書く手を止めてしまう青山さん。

 

でも、その後読者さんからメッセージがきます。

「最近更新されていないですね。いつも、楽しみにしています」と、読者の方から応援メッセージが来て、再度やる気を出します。

 

そこからは一変して、もう寝ても冷めてもブログを書くような生活に。

あまりにも更新しすぎて、更新通知が多くスパムメールか?と連絡が来たり、いきなり読者が減ったりと、いろんなことが起きます。

でも、決してめげない。

 

そんな、「ブログ生活」を過ごし、今のような活躍に至っています。

こちらの記事。

aoyamahanako.com

量稽古することで文章がうまくなる

www.instagram.com

たくさん記事を書くことで、面白い文章が書けるようになっていくと青山さんは言ってくれています。

それを聞くとなんだか私もメラメラと闘志(?)が湧いてきます・・・。

あんまりスマートな方法じゃないかもしれないけど、凡人の私はたくさんブログを書くしかない。

今、私のブログは130記事くらい更新したのですが、もはや1000記事まで練習!くらいの意気込みで書いていきたい。

 

たくさん書いて書いて書きまくるというスタイルは、なんだか自分にしっくりくるものがあるので、そのやり方を実践していきたいと思うのです。

(と言ってもたかだか1日4記事では書きまくるというほどでもないけど)

 

スマートなやり方・・・1週間に3本くらい、長くてしっかりした記事を書く、というスタイルも、今後どこかのタイミングで実践するかもしれないのですが、今はそういうクールなスタイル(笑)よりも、愚直にたくさん書くという方法をとりたいです。

 

ブログの稽古を続けた結果 

www.instagram.com

いくら私がブログの才能がなかったとしても、真剣に続ければいつかは面白い記事になるはず。それは本当に少しずつかもしれないけど、少しずつでも、効果が出てくるなら実践したいです。

 

ブログが人気になってくるのも、すごく時間がかかることかもしれないけど、やれることを少しずつやっていきます!