/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

作曲家 鈴木ミカの音楽日誌

音楽を求めている方へ

一記事ずつ、じわじわと必ず文章力は上がっている

おはようございます!(って、この記事を書いてるのは前日の夜なんですけどね・・)

 

ファッションライターの記事の質が上がって、上達を実感した!という話を昨日記事にも書きました。

今回はそのことについてもう少し詳しく、上達の過程をまとめてみたいなと思いました。

 

記事を書くのも、最初は右往左往

www.instagram.com

ファッションに限らずどの分野もなんですが、最初はなんだか、どう記事を書いていけばいいのか本当によくわからないんですよね・・・。

 

でも、とにかく全力でいい記事を書いてみる。

私も、細かに洋服のことを調べながら、写真選定に死ぬほど時間がかかったりとかしながら、その時の自分の納得のいくような記事を書けるように尽力しました。

 

修正された文章をインストール

www.instagram.com

編集さんが校正してくださった文章は本当に美しく、格段に自分の文章にまとまりが出ます。

校正してくださった文章はそのままにしないで、特訓に使います。

一度自分の文章をノートに書き写し、その上に赤ペンで校正された文章を書き写しながら自分にインストール。

 

文章すべてが自分の頭にインストールされているような実感はなかったのですが、この積み重ねはけっこう効いていたんじゃないかなと思います。

 

とにかくファッション雑誌を参考に

www.instagram.com

ファッション誌に載っているコーデの説明は本当に秀逸。

半端ないくらい、センスのいい文章がたくさん載っているのです。

その言葉のエッセンスを自分に吸収していく作業もすごく大事でした。

 

丸パクリというわけじゃないけど、例えば

着るだけでサマになるコンシャスニットはハイゲージを選ぶのが得策

とか出てたとしたら、「ハイゲージとはなんぞや!」「コンシャスニット?!」

みたいな感じでいちいち調べながら、自分の記事に応用できそうなところはピックアップさせてもらいます。

 

改めて考えながら書くことが大事と思った

www.instagram.com

ここまでの作業で気づいたことは、やっぱり量をこなしながら、考えながら、自分なりに工夫をしながら記事を仕上げていくことが大事ということ。

 

ブログもそうだと思うんですよね。

正直、ブログのほうが成果を感じにくいなとは思っているのですが…やっぱり量をこなしながら、考えながら、記事を書いて積み重ねていく。

そして工夫しながら。どんな記事なら楽しく書けるかとか、どれくらいの量を書くのが合ってるかとか(まだ実験中かも)、そうやってブログも成長していくものだと再確認。

 

ライターの仕事を通して学んだこと、これからもブログも数をこなして同じように書き続けてこうって改めて思いました。

 

成長が実感できると嬉しくて、また書きたくなる 

www.instagram.com

やっぱり成長が実感できると嬉しい。

それはすなわち!書けば書くほど楽しくなってくるということです。

 

ブログに関して、長期戦で挑むことにようやく腹をくくれました。

私は、すぐにはブログを育てきれない。

もう、5年とかかける勢いで、ゆっくりブログを、そして自分の文章力を成長させていきたいなと思いました。

なんかこう、短期決戦じゃないとダメかな〜と思っていたのです。。

才能あるブロガーさんは、すぐに人気になっていから^^;

 

でも、私は私。

少しずつでも成長していって、いい記事を書けるようになります!

 

それでは、本日もよろしくお願いします^^