レターソング作曲家 鈴木ミカの音楽

最高のオリジナルウェディングのための曲、作ります お問い合わせはsuzukimika.02@gmail.com

【DAW女日誌】 音楽を作曲する時は、こんな作業をしている-ミックス

市販のCDや、街中で聴く音楽というのは、いろーんな音が混じってますよね。

 

こういった音たち。

 

・ボーカル

・ピアノ

・ドラム

・ベース

・その他の楽器

・楽器じゃない機械音みたいなやつ

 

↑こういった音たちの音量を上げたり下げたりしてバランスを取ったり、音をどこの場所に置くか…

というのを細かく調整していくことをミックスといいます。

 

 

音のバランスを整えるミックス 

とは言っても、イメージがわかないかもしれないので…

ちょっと例を紹介しますね(・ω・)!!

 

音のバランスがめっちゃ悪い例!

 

自分の作った曲でお恥ずかしいのです、この曲の0:24〜からを聴いてみてほしいのです!

soundcloud.com

ちょうどドラムが入ってくるところなのですが、

声が小さくて、ドラムの音が大きすぎる。

バランスが超!悪いんですよね・・・!

 

これについては、哀愁dogくんにもコメントもらいました。笑

(お恥ずかしい、、、こういうクオリティで公開しちゃアカン!)

 

と、バランスが悪い例を紹介したのですが、おわかりいただけたでしょうか^^;?

音のバランスが悪いと、音楽が良かったとしても、台無しなのです。

 

作曲とミックスは本来やっている人が違うもの

「作曲」というのは、それこそメロディを考えたり、どの楽器をどう使うかを考えて、コード進行などのハーモニーを作ったりする作業。

 

ミックスというのは、「ミキシングエンジニア」という職業があるくらいなので、本来やってる人が違うんです。

 音のバランスを取るのがうまい人と、作曲が得意な人は、違うんですよね。

 

とはいえ近年では、作曲家が作曲もミックスも兼任していることはすごくフツーなことで、だいたいの人はどっちもやっています。

 

 

…と、ミックスの話を簡単にしたのですが、今日は最近挑戦していた紅茶王子のテーマのミックスをしていました^^

 

今日学んだこと

f:id:mika_ishii:20180601214520p:plain

DTMやってる人じゃないと何がなんだかわからないと思うのですが、こういう音楽ソフトを使って作曲は行われています。

 

DTMの詳しい扱い方などは、私より書くのがうまい人がすごくたくさんいるので…

興味がある方は他のDTMerさんのサイトなどを参考にするといいと思います!

 

DAW女日誌ということで、今日学びつつ進めたことをここから書くのですが…興味ない人はすっとばしてください笑(・ω・)

 

 今日勉強しながらやったこと(ミックス作業)

全体的に、イコライザーの調整や、ディレイをかけること

※イコライザやディレイがなんなのかも、追ってどっかの記事で書こうと思います

 

・楽器全体的に、イコライザーやディレイをかける

・ドラムをパラアウト(これ便利)して、バスドラム・スネア・ハイハットなどごとにイコライザーをかける

                            など

超ざっくり書いちゃってますね…!

 

良かったら聴きくらべてみてくださいね!

 

今日の成果

 

こっちがこの間までのやつです。

soundcloud.com

 

これが今日作業をしたやつです。

おすすめ必聴ポイント

・ディレイなどをかけたので、ボーカルがなんかいい感じになってると思う!笑

soundcloud.com

よく聴かないとわかりにくいかもしれないです…!

 

すごく繊細な作業なのです。

 

さいごに

DAW女日誌は、DAW(音楽ソフト全般のこと)をもっと使えるようになろう!と思って書き始めているのですが、なるべくDAWを使わない人も面白く読めるように書いていきたいと思っています。

 

というのも、DAWの使い方…みたいな記事を詳しく書ける人はたくさんいるので、どちらかというとDTM(パソコンで曲を作ること)を使わない人が読める記事を目指したいと思っています。

 

まだまだ試行錯誤中なのですが、勉強の記録を面白く書けるようにしていきたいと思います!

もし感想などあれば教えてくれると喜びます^^

 

mika-ishii.hatenablog.com

mika-ishii.hatenablog.com