Tokyo Marry Letter

ブログは新ホームページへ移行しました→https://tokyo-marry-letter.com/

レターソング 口コミ「笑ってくれると思ったら、みんな泣いていた」お客様インタビュー

結婚式、お手紙を歌にするレターソング。

 

「興味はあるけど、どんなものだろう?」

 

今回は、これからレターソングを作ってみたい方へ向けて、

レターソングを実際に作ったお客様へインタビューいたしました^^

 

f:id:mika_ishii:20191112183139j:plain

 

 

レターソングを作った理由

――なぜ既存の曲ではなく、レターソングを作ろうと思いましたか?

手紙も形に残るけれど、曲の方がみんなに喜んでもらえるかなと。

映像もつけたら、手紙より感謝や思い出が込められると思って、レターソングを作ってもらいました。

 

手紙の内容をどう考えたか 

――なるほど。確かに曲としても形に残るレターソングは、贈り物として気持ちを込めやすくて良いですね。レターソングにする手紙の内容をどうやって考えましたか?

 

動画に入れる写真を決めて、それに沿って言葉を考えました。

みんなの心に響くような言葉を、思い出を頭に浮かべながら書きました。

 

ご家族や友人の反応

――動画に入れる写真を思い浮かべながら手紙を書くと伝わりやすいのかもしれませんね。レターソングを聞いたあと、ご家族やご友人にどんな反応がありましたか?

 

家族の若い時の写真を入れたり友達の若い時の写真も入れたりしたから、笑ってくれると思ったけれどみんな泣いていて
びっくりしました。お母さんもすごく泣いていて、「泣くんだ!?」と思って。私だけ笑っていました。

聴いている人たちはいろんな思い出が蘇ってきたみたいでした。
曲も良かったからだと思います。私が書いた手紙がこんな風になるんだ!と驚きました。
曲調もすごく良かったので、みんなの心に響いたんだと思います

 

f:id:mika_ishii:20191112183208j:plain

 

これからレターソングを作る方へ

――レターソングが皆さんの心に響いたんですね。私も動画を拝見したのですが、とても素敵でした。これからレターソングを作る方に、どんなアドバイスをしますか?

 

言葉と映像が合うようにして自分の気持ちを書いたら、後はミカさんがバッチリ作ってくれます!

 

Tokyo Marry Letter 鈴木ミカの印象 

――なるほど。ミカさんはどんな感じの方でしたか? 

本当に素敵な人です。

私の要望にも答えてくれるし、頂いたレターソングも素敵でした。

個人でやっているから、一対一で丁寧に対応してくださって良かったです。
とても感謝しています。

 

手紙だったら自分一人で書いて読んで終わりだったけれど、ミカさんが曲に合わせて言葉を削ったり、言いたかった言葉を引き出してくれたりしてくれたので、素敵なレターソングができました。

 

レターソング作りが終わっても、ミカさんと繋がっていたいなと思いました。
実際に今もSNSで繋がることができて嬉しいです。

 

――わかります。わたしもSNSで繋がっているのですが、ミカさんは明るくて素敵な方だと感じます。

 

本当にそうですね!式は色々とお金がかかって大変ですが、前撮りやウエディングドレスと同じくらい妥協しなくてよかったと思うので、ミカさんのレターソングをお勧めします!

 

実際に制作したレターソング「今なら素直に言えるよ」

こちらは、今回インタビューにご協力いただいたお客様のレターソングです。

タイトルは、「今なら素直に言えるよ」。

 

「彼は、家族想いで、音楽が好きで。友達がたくさんいて、趣味が多い人なんだ。

だから、心配しないでね!彼は素敵な人。私はとても、幸せ者です」

とても可愛らしい歌詞が印象的な曲です^^

 

www.youtube.com

 

インタビューした人

インタビュー屋さんのナカリさん。23歳。

人のお話を聴くのが好き。

twitter.com

 

最後に

インタビューに協力していただいて、本当にありがとうございます!

ご協力いただいたお客様は、ご友人も本当に多く、それだけ素敵な人柄で、やりとりしてても可愛さと明るさが伝わってきました。

鈴木もとても感謝しております!

 本当にありがとうございました!

 

皆さまからのレターソングのご依頼、お待ちしております^^

 

tokyo.marry.letter@gmail.com

 

作詞で押さえておきたい楽曲の構成と、基本通りでない名曲紹介!

f:id:mika_ishii:20191115171342j:plain

まずは基本の構成から

 

楽曲の基本的な構成について、おそらく「Aメロ」「サビ」などという言葉は誰でも何かしら聞いたことはあると思います。

 

よくある構成としては以下のようなものです。

 

1番:Aメロ Bメロ サビ

2番:Aメロ Bメロ サビ

3番:Cメロ サビ

 

もちろんこの通りの構成ではない楽曲も数多いですし、また「Cメロ」は「落ちメロ」と呼ぶこともあるなど、人によって多少、表現は違います。

 

Aメロの中でもいくつかのメロディに分かれたりもしていますが、作詞をする上では、1つのまとまったメロディの中では複数の内容を詰め込まず、1つのシチュエーションとした方が良いとされています。

その方が聴き手に伝わりやすいからです。

 

米津玄師さんの「Lemon」を例に挙げると

 

夢ならばどれほどよかったでしょう

未だにあなたのことを夢にみる

出典:『Lemon』作詞/米津玄師 作曲/米津玄師

 

これでメロディが1つのまとまりになっており、詞の内容も一区切りつきます。そして次に、

 

忘れたものを取りに帰るように

古びた思い出の埃を払う

出典:『Lemon』作詞/米津玄師 作曲/米津玄師

 

という歌詞が続く、というわけです。

 

「Lemon」の歌詞は米津さん独自の世界観で表現されていて、心を揺さぶられるものがあります。

ですが「メロディのひとまとまりには1つのシチュエーションとする」という観点からすると、楽曲の最初から最後までほぼこの構成となっておりセオリー通りです。

 

複数のエピソードを短い言葉で列挙する

 

ただ、歌詞として伝えたいことがこの基本的な構成通りには当てはめづらい、というようなこともあるかと思います。そのときはあえて、ひとまとまりのメロディの中に複数のエピソードを羅列してみてはどうでしょうか。

 

西野カナさんの「トリセツ」では、女の子の理想をリズミカルに列挙しています。

 

たまには旅行にも連れてって

記念日にはオシャレなディナーを

柄じゃないと言わず カッコよくエスコートして

広い心と深い愛で 全部受け止めて

出典:『トリセツ』作詞/Kana Nishino 作曲/ DJ Mass (VIVID Neon*)、Shoko Mochiyama、etsuco

 

 

またこちらは筆者が好きな曲なのですが、BUMP OF CHICKENの「魔法の料理~君から君へ~」。ボーカルの藤原基央さんの、幼少期の実体験を元にして作られた曲です。

 

確か 赤だった筈だ三輪車 どこまでだって行けた

ひげじいがくれた熊は よく見たら犬だった

プラスチックのナントカ剣で 傷付けたピアノ

模様のつもりだった 好きになろうとした

 

出典:『魔法の料理~君から君へ~』作詞/藤原基央 作曲/藤原基央

 

いくつものエピソードが出てくるにも関わらず、歌詞が分かりづらい印象はありません。
情景が自然と浮かんできます。

 

歌詞の中に具体的なエピソードが盛り込まれることで、より歌詞が生き生きとしてきます。

 

 

メロディは区切りがあっても歌詞は続いているパターンも

 

逆に、メロディは区切りがあるのに歌詞は続いているパターンもあります。

 

あいみょんの「マリーゴールド」。1番では、Aメロの後半からBメロにかけてシチュエーションが続いています。

 

でんぐり返しの日々

可哀想なふりをして

だらけてみたけど

希望の光は

 

目の前でずっと輝いている 幸せだ

出典:『マリーゴールド』作詞/あいみょん 作曲/あいみょん

 

BUMP OF CHICKENの「天体観測」は、1番のBメロからサビが続いています。

 

深い闇に飲まれないように 精一杯だった

君の震える手を握ろうとした あの日は

 

見えないモノを見ようとして

望遠鏡を覗き込んだ

出典:『天体観測』作詞/藤原基央 作曲/藤原基央

 

「天体観測」ではさらに、「午前二時」「二分後」「あの日」という時を表す言葉も時々織り交ぜながら、過去のことと現在のことが複雑に入り組んでいます。
それにも関わらず、聴き手にはすんなりと感覚的に歌詞が入ってきて、改めて素晴らしい歌詞だなと思いました。

 

とはいえ、始めに「Lemon」を紹介したように、セオリー通りの構成にしても人の心に届くような歌詞は作ることができます。
構成について意識して自分の好きな曲を今一度聴いてみると、その曲の新たな魅力に気付くかも知れません。

レターソング 口コミ「笑ってくれると思ったら、みんな泣いていた」お客様インタビュー

結婚式、お手紙を歌にするレターソング。

 

「興味はあるけど、どんなものだろう?」

 

今回は、これからレターソングを作ってみたい方へ向けて、

レターソングを実際に作ったお客様へインタビューいたしました^^

 

f:id:mika_ishii:20191112183139j:plain

 

 

レターソングを作った理由

――なぜ既存の曲ではなく、レターソングを作ろうと思いましたか?

手紙も形に残るけれど、曲の方がみんなに喜んでもらえるかなと。

映像もつけたら、手紙より感謝や思い出が込められると思って、レターソングを作ってもらいました。

 

手紙の内容をどう考えたか 

――なるほど。確かに曲としても形に残るレターソングは、贈り物として気持ちを込めやすくて良いですね。レターソングにする手紙の内容をどうやって考えましたか?

 

動画に入れる写真を決めて、それに沿って言葉を考えました。

みんなの心に響くような言葉を、思い出を頭に浮かべながら書きました。

 

ご家族や友人の反応

――動画に入れる写真を思い浮かべながら手紙を書くと伝わりやすいのかもしれませんね。レターソングを聞いたあと、ご家族やご友人にどんな反応がありましたか?

 

家族の若い時の写真を入れたり友達の若い時の写真も入れたりしたから、笑ってくれると思ったけれどみんな泣いていて
びっくりしました。お母さんもすごく泣いていて、「泣くんだ!?」と思って。私だけ笑っていました。

聴いている人たちはいろんな思い出が蘇ってきたみたいでした。
曲も良かったからだと思います。私が書いた手紙がこんな風になるんだ!と驚きました。
曲調もすごく良かったので、みんなの心に響いたんだと思います

 

f:id:mika_ishii:20191112183208j:plain

 

これからレターソングを作る方へ

――レターソングが皆さんの心に響いたんですね。私も動画を拝見したのですが、とても素敵でした。これからレターソングを作る方に、どんなアドバイスをしますか?

 

言葉と映像が合うようにして自分の気持ちを書いたら、後はミカさんがバッチリ作ってくれます!

 

Tokyo Marry Letter 鈴木ミカの印象 

――なるほど。ミカさんはどんな感じの方でしたか? 

本当に素敵な人です。

私の要望にも答えてくれるし、頂いたレターソングも素敵でした。

個人でやっているから、一対一で丁寧に対応してくださって良かったです。
とても感謝しています。

 

手紙だったら自分一人で書いて読んで終わりだったけれど、ミカさんが曲に合わせて言葉を削ったり、言いたかった言葉を引き出してくれたりしてくれたので、素敵なレターソングができました。

 

レターソング作りが終わっても、ミカさんと繋がっていたいなと思いました。
実際に今もSNSで繋がることができて嬉しいです。

 

――わかります。わたしもSNSで繋がっているのですが、ミカさんは明るくて素敵な方だと感じます。

 

本当にそうですね!式は色々とお金がかかって大変ですが、前撮りやウエディングドレスと同じくらい妥協しなくてよかったと思うので、ミカさんのレターソングをお勧めします!

 

実際に制作したレターソング「今なら素直に言えるよ」

こちらは、今回インタビューにご協力いただいたお客様のレターソングです。

タイトルは、「今なら素直に言えるよ」。

 

「彼は、家族想いで、音楽が好きで。友達がたくさんいて、趣味が多い人なんだ。

だから、心配しないでね!彼は素敵な人。私はとても、幸せ者です」

とても可愛らしい歌詞が印象的な曲です^^

 

www.youtube.com

 

インタビューした人

インタビュー屋さんのナカリさん。23歳。

人のお話を聴くのが好き。

twitter.com

 

最後に

インタビューに協力していただいて、本当にありがとうございます!

ご協力いただいたお客様は、ご友人も本当に多く、それだけ素敵な人柄で、やりとりしてても可愛さと明るさが伝わってきました。

鈴木もとても感謝しております!

 本当にありがとうございました!

 

皆さまからのレターソングのご依頼、お待ちしております^^

 

tokyo.marry.letter@gmail.com

 

ほっと一息つきたい時に、私がいつも聴いてる曲

Tokyo Marry Letterの鈴木ミカです!

 

 

今日は私のオススメの1曲をご紹介します^^

 

ゆっくりしたい

穏やかな気持ちになりたい

ほっと一息つきたい…

 

そんな時にオススメの曲がこちらです!

haruka nakamuraさんのarne

www.youtube.com

ちょっと安心したい。

 

そんな時、紅茶やコーヒーを飲みながら聴くと本当に落ち着ける曲なのです。

 

f:id:mika_ishii:20191111231150j:plain

 

今日は、新しいコンテンツのためのインタビューもしました^^

 

こんな記事を書きたいな、

こういう発信をしてみたらどうかな?

 

そんなことたちがお仕事になっていることに、

本当にありがたいなと思います。

 

今も、このarneという曲を聴きながら、

感謝の気持ちを込めてブログを書いています^^

 

 

結婚式のレターソング、実際のお手紙をご紹介!

新郎様から新婦様への、サプライズ。

どのような歌詞を実際にレターソングにしたか、

ご紹介いたします!

f:id:mika_ishii:20191109162010j:plain

 

〜Dear **(新婦様のお名前)〜

 

一生に一度の機会

皆さまの前で

彼女への想いを

伝えさせてください

 

あなたと共に歩んだこの6年

笑い合い 時に泣き

この日を迎えられたこと

心からありがとう

 

はじめての出会い

覚えていますか

僕はあなたに一目惚れしていたよ

花火大会

自然と手ををつないでいたね

照れくさいけど、あなたは可愛くて

 

優しくて元気なあなたが大好きです

あなたを尊敬してます

笑顔が素敵なあなたにいつも

僕は救われて

いつも幸せなんだ

 

休みの日はいつもお出かけ

おしゃれカフェ巡りで

インスタ映えにチャレンジしたり

旅行好きな僕ら

一番はやっぱり

宮古島かな?

これからも毎年行こう

 

共に暮らし 何気ない日々の中

僕のダメなとこも ちゃんと言ってくれる

あなたのおかげで僕は成長できました

 

あなたのお父さんが言ってた

「人一倍思いやりのある子やから」

一番分かりました

これからもそんなあなたで

いてください

 

僕はあなたの幸せのために

良い夫を目指します

 

たくさんの出会いの中で

二人が巡りあったこの奇跡

今日集まってくれた皆さま

そして家族に心から

感謝します

 

明るく笑顔のたえない

幸せな家庭を

二人で築いていこう

ずっと変わらず二人で

これからもよろしくね

 

***

 

いかがでしたでしょうか!

新郎様の溢れる愛が伝わってくる歌詞ですよね。

 

当日のお写真もいただきました^^

f:id:mika_ishii:20191110001603j:image

 

Tokyo Marry Letterでは、レターソングの依頼をお待ちしています^^

 

tokyo.marry.letter@gmail.com

 

新郎新婦、二人からのメッセージをレターソングで!

結婚式のお手紙といえば、花嫁様の手紙を読むというのが一般的です。

 

でも、新郎様も、感謝の気持ちをご両親に伝えたい!

 

そんな思いを叶える方法の一つが、「レターソング」です。

 

Tokyo Marry Letterでは、新郎新婦、お二人からのメッセージを伝える場合、

このような曲を書いています。

 

 

実際に提供した楽曲サンプル

soundcloud.com

こちらは、実際にご提供させていただいた楽曲です!

 

1番は新婦様から

 

こちらはサビの歌詞です!

 

 

いつもわがままを言って困らせて

そんな私の夢 看護師になること

支えて応援してくれて

ありがとう

二人の支えのおかげで夢を叶え

大好きな仕事に巡り合えた

 

夢に向かい、そして夢を叶え、これからの夢も叶えていく…

新婦様のそんなメッセージが込められています。

 

 

2番は新郎様から

新郎様の歌詞も、一部ご紹介します。

 

男手一つで僕を育て 苦労をかけまいと

どんなに忙しくても 面倒を見てくれました

文句やわがままばかりで

伝えられなかった

本当はいつも 感謝していました

 

新郎様は、お父様への心からの想いを綴っています。

 

 

最後に二人から

 

二人が出会えた奇跡に

感謝して共に歩んでいきます

ありがとう

これからも よろしくね

 

二人からの言葉を、歌にして伝えることができる

f:id:mika_ishii:20191108221229j:plainご紹介した楽曲のように、二人からのお手紙を、世界にたった一つの音楽にすることができます。

 

一生に一度の舞台!みなさまのレターソングのご依頼をお待ちしております^^

 

ご連絡はこちらへ

tokyo.marry.letter@gmail.com

 

結婚式の手紙って、どこまで本音を書いたらいいの?

 

はじめに

 

こんにちは!

Tokyo Marry Letterです。

 

結婚式でのサプライズ演出のひとつとして、レターソングを制作しています。

 

日頃は言えない想いを

手紙に書いて自分で読むのは、ちょっと照れくさいですね。

そこで、手紙の言葉をもとに作詞作曲をし、お客様の思い出のお写真を用いて動画を作る。それが、私たちTokyo Marry Letterが制作しているレターソングです。

 

レターソングの元となる手紙は、どんな風に書いたらいいのでしょう?

 

f:id:mika_ishii:20191107162708j:plain


 

 

本音と本心

「本音」とは何でしょうか。

 

「本心からでたことば。たてまえを取り除いた本当の気持ちや考え。」(広辞苑第七版より)とあります。

さらに、「本心」はこう書いてあります。

「うわべでない本当の心。本意」(広辞苑第七版より)

 

つまり、心の奥にある本心を取り出し、さらにその中から取り出したのが本音、

です。

本音は、深いところにある正直な真実の気持ちなのですね。

 

そんな本音を手紙に書くと、ああそんなことを想ってくれていたんだな、と、手紙を送られた方は思うのです。

「本音を聞かせてもらったのだから、こちらも本音で返事を書こう」そんな風に思えます。

 

 

結婚式の手紙とは

手紙というのは、基本的に個人と個人の間で交わされる文章です。

ほかの人に読まれるという前提で、書かれていません。

 

明治の文豪は、令和の世に手紙やはがきが公開されています。

太宰治は、「どうしても賞が欲しいです。」という内容を書いたはがきが有名になってしまいました。賞の審査員に、直訴したのです。

 

こんなに広がってしまうとは、心外でしょうね。

 

結婚式での手紙は、個人から個人への文章でも、ふつうの手紙とはちょっと違います。

公開されることが前提です。

新婦から両親へあてて書く手紙、新郎から家族へあてて書く手紙は、レターソングの元となります。

手紙に綴った言葉は、公開されるという前提です。

 

普通に、切手を貼って出すお手紙や、プレゼントに添えるひと言、とは、違います。

違う、ということを心にとめて、書いていきましょう。

 

 

本音を書く

では、具体的にどこまで、手紙に本音を書いていけばよいでしょうか。

 

ここでは、じゅんこさん(仮名)の書き方を例にします。

 

結婚が決まって、結婚式でのサプライズ演出として、レターソングを選びました。

じゅんこさんは、レターソングの元になる手紙を書きます。

 

ポイントは、

・日頃の言えないことを思い切っていうこと

・結婚式だから伝えておきたいこと

・ずっと心に秘めた想いを書くこと

です。

 

では、誰にあてて手紙を書こうか、と、じゅんこさんは考えました。

思いついたのは、お父さんに対してです。

 

じゅんこさんは、お父さんのことは好きだとは思えませんでした。

理由は、

家族のことを考えてくれなかったから、

お母さんに苦労ばかりかけて幸せにしていないから、

なによりじゅんこさんの結婚式には、他界してしまっているので出席できないからです。

 

ここまでのメモを見直して、じゅんこさんの中にモヤモヤした気持ちが生まれます。

モヤモヤを、お母さんにぶつけてみました。

 

「お母さんは、どうしてお父さんと結婚したの?」

 

お母さんはほほ笑んで

「どうしてかしらねえ」

と、答えました。

 

「お母さんは、どうしてあのお父さんと離婚しなかったの?」

「どうしてかしらねえ」

 

「お母さんの人生は、幸せだったの?」

「どうかしらねえ」

 

「お父さんが死んじゃって、お母さんはせいせいした?」

そう聞くと、お母さんは寂しげな表情になりました。

「お父さんのこと、好きだったから……」

 

じゅんこさんは、はっとして、お母さんの顔を見つめました。

視線に気がついたお母さんは、穏やかな笑顔です。

 

「好きだったから」

という、お母さんのひと言は、じゅんこさんのモヤモヤを晴らしてくれたのでした。

 

結婚式での新婦からお父さんへの手紙(一例)

お父さんへ

お父さん。

わたしは今日、結婚します。

 

正直に言います。

結婚するまで、わたしは、お父さんのことはあまり好きではありませんでした。

家族のことは考えてくれていないし、

お母さんには苦労をかけっぱなしだし、

挙句の果てにはわたしの結婚式にも出席してもらえません。

肝臓を悪くして、他界したからです。

 

迷惑をかけられっぱなしのお母さんは、それでも、

お父さんに先立たれて寂しい想いをしています。

やっぱり、お父さんはお母さんを悲しませているのだと思うと

嫌いな気持ちがふくらんできました。

 

でも、お母さんの人生は、決して不幸ではないと思います。

幸せだったのだと知りました。

 

お母さんは言いました。

「お父さんが好きだったから」と。

好きだったから結婚して

好きだったから離婚はしないで

好きだったからお父さんを見送ったのですね。

 

お父さん

お母さんが好きなお父さんだから、好きになりました。

 

わたしも、彼が大好きだから結婚します。

ずっと寄り添って生きていきます。

じゅんこ

 

 

おわりに

このように、本音の手紙では、マイナスの感情を書かなくてはならない場合もあります。

じゅん子さんは、そのままではモヤモヤするので、お母さんに聞きました。

その結果、マイナスの感情はなくなり、素敵な手紙が書けました。

 

結婚式での手紙は、できるだけ本音を書くことです。

ただ、公開したくない出来事があるなら、そこまで無理に書く必要はありません。

これから結婚生活を送る新郎新婦が前向きに生きていけるような言葉で

最後はまとめましょう。

 

 

レターソング制作の流れ

〜Tokyo Marry Letter 制作の流れ〜

f:id:mika_ishii:20191112003213j:plain

1、ヒアリング

どんな楽曲にするかを一緒に考えていきます。

また、お手紙を書いていただくための打ち合わせをします。

2、お手紙

お手紙は800字程度を目安に書いていきます。

wordで送っていただくか、メールで打ち込んで送っていただきます。

 

3、作詞・作曲

いただいた手紙をもとに、作詞作曲をした簡単な音源を送ります。

 

4、楽曲完成

3のデモ音源をもとに、打ち合わせした内容を踏まえアレンジ・歌入れをし、

より豊かなサウンドにします。

 

5、動画

写真を送っていただき、動画を制作します。

 

6、DVDを発送

TMLオリジナルケースにDVDを入れ、発送します。

 

【音楽ライター募集】Tokyo Marry Letter では音楽ライターを募集中です

Tokyo Marry Letterの鈴木ミカです!

 

現在、TMLのビジョンに共感してくださる音楽ライターさんを絶賛募集中です。

f:id:mika_ishii:20191107164034j:plain

 

TMLのビジョンは

 

1.レターソング文化の普及

2.人と音楽(聴く/演奏する/作る/習う)を繋げる記事コンテンツをはじめとする、様々な情報の発信

3.レターソングから派生するさらなる音楽文化の創造と作曲家の育成 

 

お礼は、鈴木の好きなコーヒーか紅茶を贈らせていただきます!

 

記事の案については、ミーティングしながら決めたいと思っております。

まずはご連絡いただき、どのような記事なら書けそうか相談して頂ければと思います!

 

ライターとしての実績がない方でもOKです!

・音楽や作曲が好き

・これから何かをしていきたい

 

そう思う方であれば誰でも大歓迎です!

 

まずはご連絡くださいませ^^

→suzukimika.02@gmail.com

 

よろしくお願いいたします!

 

 

「お手紙が入っていたので感動しました」

Tokyo Marry Letterの鈴木ミカです!

 

お客様から、DVD届いたよーとメールをいただきました。

「お手紙が入っていたので感動しました!」

と言っていただき、わたしもとても嬉しかったです!

 

f:id:mika_ishii:20191107164145j:plain 

 

Tokyo Marry Letterのビジョン

Tokyo Marry Letterの鈴木ミカです!

 

TMLのビジョンのひとつは、音楽文化を世の中に浸透させていくことです。

 

具体的には、結婚式にオリジナルソングを作ることが習慣になること。

また、音楽を演奏したり歌ったり作ったりすることが当たり前になること。

 

それがTokyo Marry Letterのビジョンです!

 

音楽というと、「聴く」という人は多いと思う。

 

でも、音楽をじぶんで演奏したり、作ったりする人はまだまだ少ないと思うんです。

 

むしろ音楽自体聴かないという人も多いかも。

 

作曲してます、という人なんかは、たぶん激レアなんじゃないでしょうか。

(すでに音楽をやってる人のまわりにはたくさんいるとは思いますが、一般的にはまだぜんぜん少ないと思います。)

 

音楽を、人生を楽しむためのツールとして、みんなに広まってほしい。

 

そんなことを思っています!

 

f:id:mika_ishii:20191101133820j:image

 

レターソング は国際結婚の場合でもご対応しております

Tokyo Marry Letterの鈴木ミカです!

 

旦那さまが中国出身というお客様。

スタッフさんにお手紙を歌詞にしていただき、再度歌詞を整えておりました。

 

1コーラスめは新婦さまのメッセージで日本語。

2コーラスめは新郎さまのメッセージ中国語。

さいごはふたりからのメッセージ…という内容でお作りしております。

 

このように、国際結婚の場合でもレターソング はご対応させていただいております!

 

まだ英語の曲はご依頼いただいたことはありませんが、今後は英語の曲にも挑戦したいと思っております!

 

新婦さま・新郎さまが外国人だよー!という方にも、ぜひレターソングを作ってみていただきたいです!

 

ご依頼お待ちしております^^

 

f:id:mika_ishii:20191031161535j:image