/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

作曲家 鈴木ミカの音楽日誌

音楽を求めている方へ

自分に向いていることでも、壁は出てくる。

 

本日も制作。

このところ作曲をしていて、どうにも行き詰ってしまう感覚がつきまとっていました。鍵盤の前に座って、

音を探して、

「どんな音にしよう?」

と色んな音を試しながら、

 

これじゃない…

それじゃない…

 

なんて、考えているうちに時間はどんどん経っていく。

 

全然進まないまま時間が経っていくと、なんだか気持ちが重たくなってきて、

投げ出したい気持ちになっていくのです。

 

この「投げ出したい」って思う気持ちは、

好きなことをやっていようと必ずやってくるものなのかもしれないです。

 

というのも、よく夫と話していることなのですが、

 

「どんなことをしていても、必ず壁のようなものがやってくる。」

ということ。

 

それは、自分にとってとても好きなことであっても、

向いていることであっても、

何年もずっと続けていれば、目の前に立ちはだかってくるもの。

 

いつもいつもスイスイうまくいくことなんて、基本的にないもの。

 

もっと技術を上げたいとか、

目指していきたいものがあったりするとき、

続けていればどこかで壁が目の前に出てくる。

 

そして、その壁を乗り越えることができたとき、

自信が身について、また前に進んでいける。

 

そんなことの繰り返しです。

それは作曲も、

作曲ではないことも、

そして生き方において、言えることかもしれない。

 

何かを続けていると、

「自分はこれが向いてないんじゃないか?」

って思うことは出てくるんですよね。

常に右肩上がりではないものです。

 

そこで続けることができるか、ということ。

 

・・ね!

だからちょっと苦しくても、頑張らなきゃいけないときは、

あるかもしれません。

 

これは、自分に対して言ってることですね^^;

 

 

行き詰ってしまっていた制作なのですが、

とにかく目指したい楽曲に近い音楽を繰り返し、繰り返し聴きながら

自分の制作意欲や、イメージを膨らませていく作業をしていました。

 

そうしていると、何かこう「ピタ」とこんな風にしてみよう!

と思うものが生まれていく予感がして、音を鳴らし、

そのまま書き進めていくことができました。

 

この調子で進めていきたいと思います!

 

f:id:mika_ishii:20180723011801j:plain

 

20代ではわからなかった、自分に合った生き方

先日、新たな歳を迎えたと記事に書きました。

 

30歳という節目の年ということで、

これからの過ごし方などについて、もっというと生き方について。

20歳からの10年を振り返って、このところよく、

考えていました。

 

次の10年をどんな風に過ごしていきたいか、

これまでの振り返りも含めて書いていきます^^

この10年、自分の足を動かしたことしか結果は出なかった

f:id:mika_ishii:20180629202659j:plain

この10年。

20歳の時の自分を思い出すと、やっぱり、目標としていたの作曲のこと。

「作曲家になりたい!」

もう、それしか思っていなかったかもしれません。

そんな私の夢は、たぶん、叶えたことになるのではないか…

と思っています。

 

でも、とても遠回りをしたし、

途中でその夢を諦めた時もあった。

 

ものすごく運のいい展開!と思う仕事も、

数える程度にあったけど、

自分が頑張った分しか結果というのは

ついてこないんだなということを、

この10年で感じました。

 

うん、びっくりするようなミラクル展開というのは、

やっぱりあんまり、ない。笑

夢見る夢子の私も、30歳になって、

やっぱり地に足をつけて取り組んだことしか

結果としては出ないということに気づきました。

 

 

でも、地に足をつけて頑張った分は、ちゃんと成果が出る。

この間、映画音楽の仕事をしたと書きました。

映画音楽を作りました!スクリーンに自分の名前が出て感動! - 作曲家 鈴木ミカの音楽日誌

 

これも、2時間映画ではなくショートムービーだけど、

ショートムービーの映画で音楽を使用されるくらいの実力はついたから、

結果叶えることができたんだと思う。

 

だから、ちゃんと実力をつければ、

つけた実力の分だけはちゃんと現実が動くんだなということ。

 

人と比較せずに、自分のできることを続ける

 

f:id:mika_ishii:20180629204141j:plain

何も努力しなかったとしたら、何も動かなかったとしたら、現実は動かない。

ということを、10年を振り返って改めて気づきました。

 

だから、今度の10年をどう過ごすかということを考えます。

10年は短いとはいえないけど、ものすごく長いというわけでもない。

確実に時間が経ってしまう時間なのだなと思う。

 

20歳からの年月で、自分自身がどういう人間かということも

深められました。

すごーく憧れの友達みたいになりたいと思ったけど、

自分は自分のままなんだ、ということもしっくりきました。

 

この間、「食べ物を変えると、からだも、運命も変わります」

という本を買って、今読んでいる最中なのですが、

 

この本でいう運命とは、生きていこうとする力のこと。

自分は春に咲く桜なのに、秋に咲く菊になろうとするから苦しい。

自分の器を悟って、その器を知ること。

 

と、書いてありました。

 

そう、私の器。

シンプルに言うと「私は私」ということなのだけど、

20代より、自分を知ることができた分、苦労もした分、30代は自分の器にあった頑張り方ができるなと思っています。

 

憧れだった友人はバラだけど、

私はたんぽぽ。

 

例だけど、そう思ったら、改めて私には私の土俵があって、

そこで頑張っていけばいいんだということを、

感覚的に捉えることができた感じ。

不思議ですね、節目の30歳!

やっぱいろいろ感じることがあるんだよなあ。。

 

ログをつけ始めました

f:id:mika_ishii:20180629205810j:plain

自分ログを書き始めています。

というのも、一生…というと大げさだけど笑

 

次の10年、充実して生きていきたい。

毎日ちゃんと前進できていることを、実感したいなと思った時に。

食べ物や、暮らしのこと、

自分と向き合うのに記録していきたいなと思ったんですよね!

 

インデックスは、こんな感じ。

・仕事、やること

・日誌

・健康、食

・作曲、DTM

・やりたいこと

 

 このログにあれこれ書きながら、

日々いろんなことを積み重ねます。

 

そう、インデックスに健康、食というのがあるのだけど、

食べ物をしっかり選んでいきたいと思うようになったのです。

これからそういった些細なことが、心や体の健康につながっていくだろうなと思うので、意識していきます。

そんな私のモチベを上げてくれる最近買った食の本!

f:id:mika_ishii:20180629210610j:plain

右の本は、さっきも紹介したやつです!

 

さっそく、塩麹で漬物を作ったり、米を玄米に変えたりしています^^

継続したら体調の変化などもブログに書きたいな。

 

作曲、DTMに関しては、仕事とともに自分の技術をもっと磨いていきたいと思い、マニュアルなんかも読み進めています。

f:id:mika_ishii:20180629211036j:plain

このマニュアルに関しては、再度自分の作業を効率良くできるようにするのが目的だったりするけど!

 

次の10年の目標

f:id:mika_ishii:20180629211326j:plain

(大好きな代官山の蔦屋書店!)

 

次の10年で達成したいことは、これ!

・出版

・30分アニメの音楽を担当する

・2時間映画の音楽を担当する

 

 これが達成できれば、とりあえず花丸!と思えるものたち。

出版については、日々コツコツブログを書きながら

文章を書くということに触れていくことや、

折りを見て企画書なんかを書いて売り込みに行きたい。

 

音楽については、アニメも映画も経験したけど、

さらに実力を試される仕事をしていくこと。

自分にできる仕事をしつつ、

今の自分には音作りやいろんな勉強も必要だと思うので、

日々コツコツ学んでいこうと思います。

ログに記録しながらね^^

 

さいごに

f:id:mika_ishii:20180629211933j:plain

基本的には、自分のペースで一生創作ができたらいいなと思います。

作曲をすることや、文章を書くことというのは、

本当に自分を支えてくれてるなと感じます。

 

頑張ったら結果を出させてくれるし、

結果が出なくても創作をしていると充実感を得られる。

目標があると励みにもなるけど、

創作する過程を楽しむように暮らしていきたいです。

 

そう、暮らし!

創作をしながら、自分に合った暮らし方を追求していくのも、

この先の人生で大事なこと。

というか、こんな感じで生きていけたらいいなあと思います!

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました^^

 

 

 

 

映画音楽を作りました!スクリーンに自分の名前が出て感動!

 

f:id:mika_ishii:20180623203155j:plain

冬に映画音楽を書く仕事をしていました!

過去記事でもちょっと触れていたのですが、

短編映画のための音楽、制作中です - 作曲家 鈴木ミカの音楽日誌

先日6/21、公開日ということで、監督さんと一緒に映画を鑑賞してきました。

 

お仕事を得られたきっかけ

このお仕事は、コンペで勝って得られた仕事でした。

倍率もすごく高くて、「通ればいいな」と思っていたけど、

確信は持てなかったので、選ばれたと知った時はとても嬉しかったです!

 

もともと、私ではない他の作家さんが一度選ばれていたのですが、

事情があり、次点だった私が作曲を任されることになったそうです。

 

運も良かったのかも!

ともかく、仕事をさせていただけてありがたい。

映画の音楽なんて、なかなか書かせてもらえるものではないですし…

(いや、きっと何年後からは映画音楽に引っ張りだこの作家になっているかもしれないじゃんね!^^)

 

「1945年3月、東京」公開日!

f:id:mika_ishii:20180623203755j:plain

ここが映画が放映される会場でした。

二子玉川ライズというところにあるスタジオです。

着いた時、すでにお客さんがたくさん並んででちょっと圧倒されました!

 

f:id:mika_ishii:20180623205507j:plain

なんだか、予想よりずっと賑わっていて、軽くビビる私。笑

 

私が担当した作品は、「1945年3月、東京」という作品。

田中淳さんが監督です。

 

www.shortshorts.org

 

こんなお話

1945年の東京の下町で、亡くなった妻の写真と暮らしている老人がいた。ある夜、激しい空襲に見舞われた老人は、近所の子供を助ける代償に妻の写真を手放してしまう

 あたたかみのある質感の映像は、監督の田中さんが手がけたからこそのもの。

音声は入らず、映像と音楽で魅せていく作品です。

 

一人の監督が仕上げたとは思えないような繊細な作りで、キャラクターの動きや表情なども細かく作ってあります。

 

おじいさんが亡くなった奥様をとても大事にしている気持ちなども、映画を観ていると深く伝わってきます。

 

映画館の中はこんな感じ

f:id:mika_ishii:20180623212546j:plain

スクリーン・・・!!

ってそりゃそうなんですが笑、

こんな広いところで自分の音楽が聴けるんだ〜!

映画の曲、担当したんだ〜〜!!

という感動が溢れました。笑

 

しっかり観劇してきました。

 

スクリーンにしっかりと、

SUZUKI MIKAと映り、感動!

 

映画を観ることで、自分の創作意欲のようなものも、

改めて刺激されました。

今後もしっかり、自分の音楽を育てていこうと、

映画を観ながら思いました。

 

他の作品の監督さんとお茶

観劇後、このイベントの他の作品の監督さんと、田中さんと一緒にお茶してきました。

会話は全て英語!

田中さんすごいなあ。。

私の聞きたいことなどは、翻訳して伝えてくれました。

f:id:mika_ishii:20180623213146j:plain

 

↑一番左の方がカメラマンさん、真ん中の女の子が監督さんです。一番右が田中さん。

 

f:id:mika_ishii:20180623213317j:plain

左の方がカメラマンさん、右の方が監督さん

 

若き女性の監督さんは、可愛くて華やかで素敵な人でした!

26歳といっていたけど、すごい作品を撮っていらっしゃいました。

実力がある方なのがひしひしと伝わってきました。

 

表情豊かでとっても可愛い!

 

まとめ

30歳になった今年、10年前の自分が夢見たことを実現できたことが、

とても嬉しかったです。

未熟な部分も実感しつつ、次の10年で新たなステップを踏んでいこうと思うことができました。

こういった機会を持たせてもらうことができたことに感謝し、

今後も自分の音楽に励んでいきます!

 

 

バーもカフェも音楽も楽しめる日本橋のホステル、CITANに行ってきた!

 

 

f:id:mika_ishii:20180619173345j:plain

こんにちは!

 

先日、6/17が私の誕生日でした^^

30歳になりました。早いものでもう、立派な大人なのですねえ。。

 

新たな歳を迎えた心境な度は別の記事に書きますが・・

今日は誕生日の日に遊びに行ったホステル、"CITAN"(シタン)についてのレポートを書こうと思います!

 

"CITAN"に行きたい!と思ったきっかけ

このホステル、行こうと思ったのにはきっかけがありました。

先月、友人が海外から日本に一時帰宅した際に泊まっていたところなのです。

 

その友人と待ち合わせをした日、ランチをして、このあとどこいこっか〜となった時に

「今日泊まるホステルに、カフェもあったから、そこにする?」

と提案してくれて、ついて行きました。

 

店内は海外の方がたくさんいて、グローバルかつおしゃれ!

コーヒーも美味しいし、何よりお店全体の雰囲気がまるで海外のようで、

「わー!私もけんちゃんとここに泊まりたいっ!」と思ったのです。

 

"CITAN"とは

公式サイトにはこんな風に書いてあります。

 

CITAN(シタン)は東日本橋に新たにオープンした7階建てのホステルです

1階は町に開いたコーヒー店と、旅行者を迎え見送るレセプション

地下のラウンジは世界の酒、ご飯、音楽、人が集まるバーダイニング

 

日本橋は古くから五街道の起点として栄え、幾つもの旅が始まった町。

ここで始まったストーリーが、町に、人に、繋がってゆく

CITANはそんな場所を目指しています

そう、コーヒーも飲めて、音楽やお酒も楽しめて。

海外の人とちょっとした交流も深められたり、色んな楽しみ方ができる場所!

 

行きたくてたまらなくなったCITANに泊まるという念願が叶いました*

コーヒーショップがある

f:id:mika_ishii:20180619175731j:plain

着いた時は夜で閉店後だったのですが、この写真の右側がコーヒースタンド!

ここで美味しいコーヒーをたっぷり堪能できます^^

このコーヒーは翌日、朝に飲みました。追って書いてきますね

 

共同スペースがある

f:id:mika_ishii:20180619175945j:plain

ここは共同スペース。

ネットをしたり、買ってきたものを食べたり、くつろいだりできる場所。

自由スペースでは各々が自分の時間を自由に使うことができるのです。

 

地下にバーがある

階段を下っていくと…

f:id:mika_ishii:20180619180151j:plain

地下には音楽とご飯が楽しめる、バーがある!

f:id:mika_ishii:20180619180315j:plain

 

f:id:mika_ishii:20180619180353j:plain

ライムのノンアルコールカクテルを飲みました^^

お酒が楽しめる!と言っておいて、私は全然お酒を飲めません。笑

体質的にダメ。

けんちゃんは逆にお酒が大好きで、毎日のように飲んでいますね〜

 

ここのバー、注文するとニコニコとカクテルを作ってくれる、気さくで笑顔が素敵なバーテンダーさんが印象的でした!

 

お部屋にお泊まり

f:id:mika_ishii:20180619180934j:plain

ちょっと生活感が漂って閉まった写真ですみません。笑

私はツインルームで、2段ベッドの部屋に泊まりました。

2人で泊まって、9400円。なかなか泊まりやすいところなのです!

 

夜は二人で映画を鑑賞しました。

何を観たかというと…SF大好きな私たち、いつも不思議な世界設定の映画を観るのですが、この日は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞!

 

warnerbros.co.jp

 

いつものことですが、3時くらいまで夜更かし。

コンビニで買ったポテトチップスをつまみながら、映画を楽しみました^^

 

朝ごはん、美味しい

さて、朝!おはよう!

昨日、閉まって閉まっていたコーヒースタンドもやっていて、美味しいコーヒーを飲みつつ・・

f:id:mika_ishii:20180619181504j:plain

 

朝食を堪能!

f:id:mika_ishii:20180619181618j:plain

BGMを聴きながら、昨日の映画面白かったよね〜、なんて話しながら、

朝食をいただきました^^*

コーヒーも美味しい!

 

ここが素敵なホステル!

私が思ったことをまとめてみました*

・店員さんがみんな、気さくで笑顔、英語話せてかっこいい。

・飲み物も食べ物も、みんな美味しい!

・コンセプトがしっかりしている

・グローバルで色んな人が泊まっていて楽しい

・身軽に、すっきり泊まることができる

・おしゃれ感!

・深夜まで遊べる

 

旅の感想!

実はこの日、自分用のカメラを買いました!なので、さっそくホステルの中を撮影して楽しむことができました^^

 

私はあんまり旅好きというわけではなく、そんなにあちこち行かないのですが、ここには友人と来た時からすごく行きたい!

と思っていたので遊びに行けて嬉しかったです^^

 

すごーく素敵なところです!

一人で泊まる時も他の人とも共同で泊まるドミトリー、プライベート部屋と両方あります。

旅の時などふらりと訪れるといいと思います^^

 

施設情報

店名 CITAN

住所 東京都中央区日本橋大伝馬町15-2

電話番号 03-6661-7559

 

backpackersjapan.co.jp

 

 

エモいアーティスト、The Flat stones の音楽について

The Flat stonesというアーティストについて、今日は書いてみたいです。

彼と出会ったのは、”note”がきっかけ。

DTMで音楽を作っている」と言っていた彼の音楽を聴いてみたら、そのセンスの良さとエモい作風にびっくりしてしまったのです!

 

f:id:mika_ishii:20180614165500j:plain

 

The Flat stonesを大好きになった楽曲

初めて私が聴いた、The Flat stonesの楽曲が、これ。

彼の楽曲の中でも、一番好きな楽曲の一つ。

www.youtube.com

ギターのような、シタールのような弦楽器が使われているこの音楽のイントロは、何度も繰り返し頭の中で再生されてしまうほど印象的。

イントロの次のシーンからは、シンセ楽器をこんなにカッコよく使って楽曲を仕上げられるってすごい、(私にはできない)と思うようなサウンド。

 

音楽のジャンルはジャンルの垣根を越えている

The Flat stonesの音楽のジャンルは、クロスオーバー(crossover)というもの。

クロスオーバーとはどんなジャンルなのかというと、

 

ジャンルの垣根を乗り越えて音楽性を融合させるスタイルを指す音楽

 

確かに、彼の音楽はとても自由に聴こえます。

どの音楽をとっても、独特の世界観は一つの音楽ジャンルでは語りきれない感じ。

 

もし異世界に迷い混んだら…なんていうイメージのこの楽曲も個性的。とても好き。

www.youtube.com

ギターの音とシンセの音の絶妙な混じり具合。

静と動のシーンが切り替わっていくストーリーのある展開。

1:23あたりから出てくる楽器も、異世界感というか、幻想的な雰囲気を出すのに一役買っています。

 

この楽曲も是非聴いてみてほしいです。ぜひイヤホンで!

 

www.youtube.com

高橋しょう子さんは、私は知らなかったけど、

楽曲がすごいカッコよくておっぱいを見てる場合じゃない。笑

 

apple loopsで楽曲を作っている

彼の楽曲の制作の仕方は、apple loopsを組み合わせているという、センスの光る作り方。

 

Apple Loops は、ドラムビート、リズムパート、およびその他の繰り返しパターンを簡単に曲に追加できる、録音済みの音楽ファイルです。 ループには、連続して繰り返すことのできる音楽パターンが含まれています。

ループ素材というのは、音楽ファイル。

音楽に限りなく近い「音」が繰り返される素材を、切ったり貼ったりしながら制作していくというもの。

 

こういう作り方、私はあまりしたことがないのだけど、シンプルながら作家の音の選び方がとても重要で、簡単ではないのです。

 

 

そんな、切り貼りするやりかたでどうしてこんな音楽ができるんだろう!

BUMP OF CHICKENのリミックス!

原曲の良さを生かしつつThe Flat stonesの音の選び方が漂う宇宙観を演出。

www.youtube.com

apple loopsを組み合わせて作っていると知らなかったのだけど、それでこんなカッコよくBUMP編曲できてしまっている。

 

すごいなあ。

 

この音楽も、本当の広告に負けないカッコよさ。

エモさ。

www.youtube.com

こういうサウンドが作れるのって、どうしてなんだろう?

って改めて思ってしまう。

私にはこんなサウンド作れないけど、自分も作曲をするから彼の凄さみたいなものを

強く感じる。

 

「こうしたらかっこいい」っていうのが、全部感覚的にわかってしまってる感じ。

 

劇伴作曲家で、サウンドクリエーターの The Flat stonesは、youtubeにかっこいい曲をたくさんアップしているので、ぜひ聴いてみてほしいです。

いろいろと!

男性ならではのエッジの効いた超かっこいいサウンドが楽しめます。^^

www.youtube.com

 

先日のブログ勉強会のことと、このところ感じていること!

先日、ブログ勉強会なるものを開いてきました!

 

当日は参加者さんみんなの人柄や教養のおかげで、

楽しく話すことができました^^

本当にありがたい!

 

資料のようなものも一応準備はしていきましたが、

みんなの雑談のような感じで進んでいきました。

 

私も改めて、自分のペースでコツコツブログを

書いていきたいな〜

なんて思いました。

 

本当にありがとうございます^^

 

もっと良くできたなーという反省点もあるので、

それは次回以降に生かしていきたいです。

 

ともかく、開催できて本当にうれしかったです!

 

そんな感じでここのところの話^^

f:id:mika_ishii:20180613202823j:plain

当日、フォトグラファーさんに撮ってもらった写真です^^

もっと毎日を楽しく生きられそう!

月並みなことなのですが、生活を整えることで日常がもっと楽しくなるような気がしています。

 

私は生活するにも仕事するにも家にいることが多いし、おうちでの暮らし方を見直すことで色んなことが気持ち良くはかどると思うんですよね。

 

「衣・食・住」を見直すこと。

 

これをすることで日々がぐっと楽しくなるような予感。

 

毎日できる範囲で掃除をするとか、

食器をそのままにしないとか、

当たり前のことだって毎日続けるのは簡単なことじゃない。

 

そんなことからやってきたいと思います。

 

日々できることをやるということ

私の性格が飽きっぽいところもあり笑、

一足跳びにうまくいく方法を考えたりしちゃうところもあるのですが、

日々一歩ずつ、できることをやっていくこと。

これが大事だなーと思うのです。

 

ブログもそう。

思うように結果が出ないなと思っても、

できることをやっていくこと。

一記事一記事、書いていく。

ブログ勉強会でも、「10年くらい書くつもりで楽しく頑張っていきましょう」

と言っていただいたのですが、

本当にそれ!

 

私の実感なのですが、やるべきことをやれている日というのは、

ちゃんと達成感もあるし、

余計なこと考えない気がします。

 

一足跳びにポーンとうまくいくことばかりじゃないけど、

自分のできることを日々積み重ねていくことが、

私にとって、非常に重要なことだなと思います。

(そう、特に、ブレやすい私にとって。笑)

 

それができていれば、周りと比べることもなくなる。

 

ブログを続けてみて、

文章力もそんなにある方じゃないな…

なんて思うこともあるのですが笑、

拙いながらも継続していくことで磨かれていくことも

あると思うので、

書けることを書いていきたいです^^

 

そんな感じの近況でした!

明日のブログ勉強会と、ここ最近の近況

こんにちは!^^

 

明日はブログの勉強会を開きます!

勉強会を開くのって、自分の夢だったりもしました。

なのでとっても嬉しいです!

 

参加者は、私を含めて6名(満員御礼!)。

勉強会ということで、各々記事を書くような時間にしようと思っていたのですが、

 

せっかくなのできちんと学びの場にしたい!と思い、資料を作りました^^

ブログ勉強会の資料作成

f:id:mika_ishii:20180609184051p:plain

↑こんな感じです^^

 

ためになりつつ、参加者さんが楽しめるような場を作ってくのが明日の目標!

会ったことなくても、参加者さんがみんな人柄がいいのはブログなどで伝わってきているので笑、ドキドキしつつ、すごく楽しみです!

 

場所はこちらで開催します。

www.cafecompany.co.jp

渋谷のmoja in the house!

明日は日曜日でどこも入れない可能性があったので、

前もって予約を入れておきました^^*

 

ブログの勉強会は、また開催したいと思っています。

興味のある方はお声をおかけくださいね^^

 

ブログを書いてきてみて

f:id:mika_ishii:20180609190820j:plain

私自身、テーマが決まらなかったり、自分のテンションがコントロールできなかったりで、なかなか迷走してきました。笑 今も迷走している最中です…。

 

しかしそんな中でやっぱり、「続けることが大事だなー」と改めて思ったりします。

 

たくさんの回り道をしながら、自分のブログのスタイルもしっかり定まってくると思うし、人より時間がかかることを覚悟しながら、自分の文章力を磨いて行きたいなと思っています。

 

音楽も…そうだった!

私はエレクトーンを習っている時に、グループの中で一番下手っぴでした笑^^;

一番練習もしてなかったと思うし、楽譜を読むのも、誰よりも遅い!汗

 

でも、自分なりに継続をしていくことで、「作曲家」という仕事ができるようになりました。

何年も、…いや、何十年もかかっています。笑

 

ブログもきっと一緒!

才能があれば…なんて思ってしまうけど、才能がなくても。

続けていくことで変化していくものだと思います。

誰よりへたっぴだったりしますが、自分なりに継続をしていくことで、文章力つけてきます!+(キリっ)

 

クライアントさんとご飯を食べてきた 

昨日はお仕事を頂いているクライアント様とランチに行ってきました。

 

場所は代々木。代々木ビレッジというところでカレーを食べてきました^^♪

 

とても素敵な方で、こういう方からお仕事の依頼を受けさせて頂けるのって本当にありがたいことだなと思います。

 

自分の音楽が、ちゃんと役に立っていると実感できるのも、とても嬉しいことです。

 

私が得意とする音楽というのは、イメージに合った楽曲を作るということ。

依頼をしてくださる方が発信したい内容に沿って、求める楽曲を作るのは得意とするところ!

 

これからも、広告音楽に力を入れていきたいです。

 

そんな感じの近況でした!

では^^

 

 

f:id:mika_ishii:20180609195236j:plain

 

 

進撃の巨人 テーマイメージ音楽「戦いのエンブレム」

f:id:mika_ishii:20180607231408j:plain

 

進撃の巨人のイメージ音楽を先日から書いていたのですが、本日完成しました!

 

今日はミックス(音のバランスを整える作業)と、エンディングの部分のアレンジをして、完成です^^*

 

タイトルも決めました。ジャン!笑

「戦いのエンブレム」です!

 

今回はyoutubeにもアップしました。

改めて、聴いていただけると嬉しいです^^

 

www.youtube.com

 

 

 

【DAW女日誌】進撃の巨人のテーマ音楽を作ってみた3

先日から書き始めている、進撃の巨人のテーマ!

今日はフルコーラス完成させました^^

 

細かいアレンジやミックスは追ってやっていきたいのですが、

ひとまず完成までたどり着けそうで良かったです!

 

今回は、サビと、その後にシーンEを追加。

そして、またAに戻り〜サビまで、エンディング…というような構成で書きました!

f:id:mika_ishii:20180606222618j:plain

 

曲の構成

構成をまとめると、

イントロA→

イントロB→

A→B→C→D→サビ→

E→A'→B’→C→D→サビ

→エンディング

こんな感じです!

 

こうやって書き出してみると、なんだかたくさんシーンがあるように感じますね…!

サビの前にたくさんシーンを入れているのも、インスト音楽ならではです。

 

ポップスだと1コーラスの構成がA B サビとシンプルです。

 

ここまでの経過はこちらの記事をどうぞ!

mika-ishii.hatenablog.com

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

 

サビ

一番盛り上がるサビのシーンは、楽器をフルに使ってアレンジしました。

立体機動で巨人と戦うシーンのイメージ。

 

シーンDからサビにそのまま行くと、盛り上がりっぱなしになって違和感があったので、Dからサビに行く前にドラムだけのシーン、ブレイクを一小節入れました。

 

ブレイクって、一時的にメロディやリズムを停止させる空白のこと。

 

これがサビの前にあると、盛り上がるシーンが連続していてもブレイクのおかげでバランスが取れたりします!

シーンE

サビからストンと、静かなシーンへ。

戦いを一時終えて、エレンたちが虚無感などを感じるようなシーンのイメージ。

 

ピアノソロだけにしていて、サビの盛り上がりとのコントラストを演出します。

 

こんな感じ!終わりまで書きました!

soundcloud.com

 

さいごに

エンディングの部分をもっと盛り上げたり、全体的なミックス(音のバランスを整える)はこれからやっていきます!

 

なので次回がこの進撃の巨人のテーマシリーズの最終回となります^^*

 

楽曲の制作工程を面白く書くって、「どうすればいいんだ?」という感じでしたが、シーンを追加するごとにそのシーンで表現したいことを書くのは、なかなか勉強になりました。

 

ここまでお付合いいただき、ありがとうございます!

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

 

 

 

【DAW女日誌】進撃の巨人のテーマ音楽を作ってみた2

進撃の巨人のテーマ、イメージ音楽の続きを書きました!

 

今回は、Cの部分まで楽曲制作を進めました。

 

イントロA、イントロB、Aメロ ←これが前回まで。

B、C 、D←今回進めた部分。

 

B、C、Dを

Bメロ、Cメロとしないのは、BとCのシーンではメロディが入っていないため。

こういう場合はAメロ、というのも”A”と表記すべきなのかな…

 

ひとまず、わかればよし!ということで!

 

それでは作った部分まで語ってみます^^

シーンB 00:54〜

 

f:id:mika_ishii:20180605232055j:plain

立体機動で空を高く舞うイメージ。

この曲はここまで、「短調」(要するに、暗い・悲しいなどの印象になるコード)で書き進めていたのだけど、ここでは明るく「長調」のシーンにしました。

 

しました、というよりも。笑

書き進めていたら、手と頭がつながった感じでできたシーン。

 

ピアノを弾きながら色々模索していたら、こう言ったシーンが出来上がりました。

 

シーンC 01:01〜

巨人を発見し、敵に向かっていくようなシーン。

8符音符で和音を連打しているのですが、次のシーンに備えて勢いを増していく感じ。

 

私は曲中に、こういったシーンをよく使ってしまうかも。

メロディというより、「コード進行自体」を武器にして展開していくシーンです。

 

このシーンはC、C' となっていて、C'ではストリングスを増やすことで展開に盛り上がりをつけています。

 

シーンD 01:16〜 

バトルを展開しているシーン。

なのですが、・・ちょっと盛り上がりが足りなかったかも!

 

もう少し「激しい」感じを出したいなと思うので、

楽器を足したり、メロディを入れたりしていくと思います。

 

書いた楽曲は、これ!

それでは、聴いてみていただけると嬉しいです^ω^

 

soundcloud.com

 

さいごに

ストーリー性のある楽曲にしたい、と思っていて、進撃の巨人の色んなシーンを頭に描きながら楽曲制作を進めています。

 

が、イメージが描けてもそれが曲に反映した際に、楽曲のバランスが良くなかったりしたら色々台無し。

 

一番大事なことは、楽曲を聴いた時に「いい!」と思えるか、ということ。

 

イメージ先行になりすぎず、自分の楽曲を自由に表現していくことが大切だなと思いました!

 

ありがとうございました^^

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

ヤマハのエレクトーンが作曲の勉強に向いている3つの理由

私は小さい頃から、ヤマハ音楽教室に通っていました。

多分、3歳とか4歳とかくらい。レッスンに行きたくなくてよく泣いていたし、

練習もあんまりしなかったけど…

 

エレクトーンというヤマハのオリジナル楽器に触れていたことは、作曲家として音楽を作っていくための大きな力をくれたと思います。

 

そんなヤマハのエレクトーンという楽器がどうして作曲に向いているのか…

ということを、書いていきたいと思います^^

 

エレクトーンとは

f:id:mika_ishii:20180604204707j:plain

そもそもエレクトーンという楽器は、そんなに知られていないのかもしれません。

ちょっと知っていたとしても、「ピアノとどう違うの?」なんて思う方もいるかもしれないです。

 

いちばんわかりやすいピアノとの違いは、ピアノが一段鍵盤であるのに対して、エレクトーンは3段鍵盤だということ。

 

右手で上の鍵盤を演奏し、左手で下の鍵盤を演奏し、さらに足でも演奏する。

そんな楽器なのです。

 

主に右手ではメロディ(音楽でいうところの歌の部分)、左手ではハーモニー(コード、和音など)、足ではベースを演奏する…

そんな役割分担をしながら演奏していきます。

 

こんな楽器ですよ〜^^

 

www.youtube.com

 

それでは、どうしてエレクトーンが作曲に向いているのか書いていきたいと思います。

 

色んな音が出ること

エレクトーンの音楽というのは、ピアノ、フルート、ギター、バイオリン…

と、世の中に存在している楽器を網羅してくれています。

 

「作曲の勉強をしよう!」と、意図的に思わなくても、エレクトーンに触れているとだいたいどの楽器がどんな音がするかということが、自然と身についてきます。

 

そして、どの音が好きか…

というような、作曲をしていくにあたって必要なセンスも磨かれていきます。

 

自分の体験からなのですが、これも不思議と、

特に意識していなくても自分の音楽センスが磨かれていくんですよね!

 

初心者でも音楽を楽しみやすい

f:id:mika_ishii:20180604213339j:plain

エレクトーン初心者向けの曲集などもとても充実しています。

ピアノだと、上達してからでないと音楽を奏でるのが難しいのですが、

 

エレクトーンの場合は本当に初心者の時でも、音色や搭載されているリズムのおかげで、早いうちから楽しむことができます。

 

(と言っても、ピアノとエレクトーンのどちらもいいところがあるので、どちらがいいという話ではないのですが!!)

 

私の実体験だと、アニメの曲集がとても大好きでした。

練習は全然好きじゃないけど、この曲集だけは弾けるようになりたいと思う熱量が違っていたと思います。笑

 

「好き」なものを演奏する、というのはとても大事なことだと思います。

音楽を始めたての時こそ、好きという気持ちを大事にしてもらいたいです。

 

関連記事

mika-ishii.hatenablog.com

 

自分で音色やリズムをカスタム出来る

これはもう、作曲(DTM=デスクトップミュージック)となんら変わりのない作業をエレクトーンで出来るということ。

 

エレクトーンの曲集には音色やリズムがあらかじめついているのですが、自分自身でも音色を選んだりリズムを作ったりすることができます。

 

この作業を、エレクトーンでは確か「打ち込み」と言っていました。

 

とはいえ打ち込みをやっている人は少数派!笑

エレクトーンの先生すら、このリズムをカスタムする作業はあまり得意でない方が多いと思います。

 

もし、初心者のうちからこういった音色を自分で選んだり、リズムを組むことに興味がある方は、非常に作曲家に向いていると思います。

 

私自身も、作曲するのにこの打ち込み作業がすごく力になってくれたと思います。

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

さいごに

私はいやいやレッスンに通う劣等生でしたが笑、エレクトーンに触れていてよかったなと思うことはよくあります。

 

ヤマハに通っていると、自分の専門楽器をピアノにするかエレクトーンにするかで、選択をせまられるシーンがあるのですが、私の場合はエレクトーンでよかったかなと思います。

 

とはいえ、ピアノを選ぶことで演奏技術を磨くこともできるので、どっちもやっていればよかったな〜、なんて思います。笑

 

この記事がどなたかのお役に立てれば嬉しいです^^

 

ありがとうございました!

mika-ishii.hatenablog.com

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

【DAW女日誌】進撃の巨人のテーマ音楽を作ってみた1

進撃の巨人といえば、私がはまってる漫画のひとつです!

最新刊が出るとすぐ買っちゃう。。

 

アニメも途中まではずっと観ていたのですが、ある時から観るのが怖くなってしまって…笑、観れなくなってしまいました^^;笑 

巨人に食われるシーンがもう、リアルに怖くなってしまってもうだめです…。

 

f:id:mika_ishii:20180602175526j:plain

 

そんな進撃の巨人の、音楽を自分なりに作ってみよう〜!

と思いました!

実際に音楽を担当されている澤野弘之さんの音楽とは比較にならないですが笑、私なりに世界観を描写していきたいなと思います。

 

どんな音楽にするか…

f:id:mika_ishii:20180602175637j:plain

まずは、「進撃の巨人のテーマ曲」になるような音楽を、私なりに書きたい。

紅蓮の弓矢(大好き)のような歌モノではなく、私の得意分野のインストで書こうと思いました!

インストとはインストゥルメンタルの略で、歌の入らない音楽のことです^^

 

ジャンルでいうと…「フュージョン」でしょうか。

 フュージョンというジャンルは、ジャズを基調にロックや電子音楽などを融合(フューズ)させた音楽ジャンルのことです!

 

ストーリー性のある音楽にしていきたいです!

 

イントロA

まずイントロは、やっぱり「人の声」。

声を入れて、戦いが始まる前の静けさのようなものを表現したいなと思いました。

人の声と、同時にちょっと不気味な感じの出る音もプラス。

これから始まる物語の序章…というイメージ。

 

(紅蓮の弓矢も最初は人の声で始まってますね・・!)

 

イントロB

「え、イントロって2つつけるものなの??」

なんて思うかもしれませんが笑、全然ありなのです!

 

イントロAで「これから始まる感」を出し、

次にイントロBでは、「戦いそのものを予感させる」ような展開を表現しました。

エレンが空を見上げながら、これから戦っていく決意をするようなシーンです!

 

使った楽器はこれ。

 

バイオリン

ピアノ

ストリングス

シンセ

ベース

ドラム×2

私はピアノ弾きなので、楽曲を作る時はピアノを弾きながらコード進行やメロディを考えていきます。

 

Aメロ

まだ巨人が訪れる前というか、日常を生きる街の人々を描写するようなシーンです。

エレン、ミカサ、アルミンもまだ幼く、巨人が訪れる前の穏やかな生活を送っているようなイメージ。

 

楽器構成は、

バイオリン

ピアノ

ベース

ドラム×2

ストリングスとシンセを抜いて、少し音楽に空間を作りました。

 

音楽を作る時に大切なことって、緩急だったりします!

 

盛り上がってばかりだと飽きてしまうので、

静かなシーンや盛り上がるシーンを交互に構成することで、飽きが来ない音楽になります^^

 

ここまで作ったよ

と、解説をしたのですが…ここで作ったところまで公開したいと思います!

イントロA→イントロB→Aメロ…ここまでです!

soundcloud.com

どうでしょうか…!

進撃の巨人の世界観にマッチしているでしょうか・・!> <

 

さいごに

聴いてくださった方、どうもありがとうございます!

聴いてなくても笑、ここまで読んでくれてありがとうございます^ω^

 

進撃の巨人は、キャラクターも好きな人物が多いので、この曲が書き終わったら一人ひとりの音楽を作っても面白そうと思いました!

 

(って、まだ紅茶王子のテーマも完璧には完成させてないので、

色々手をつけすぎずに1曲1曲ですね!)

 

それでは、ありがとうございました^ω^

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

mika-ishii.hatenablog.com