浜崎あゆみさん 一生懸命で、儚げな彼女の為の、明るく繊細な音楽を作曲編曲したいよ

小さい頃から、なんだか親近感の湧くインスト音楽ばかりを聴いて、

作る曲もインストばかり。

 

J-popは本当に有名どころしかわからなくて

 

インストは情緒的な美しさがあって心底好きだけど

でも、世間の人の耳に届きやすいのはキャッチーさとわかりやすさで、

断然メジャーどころ。

あたしの好きなインスト作曲家なんて、一部の人しか知らないよ

 

だから、自分のフィールドじゃないと思ってた j-popのアーティストだって聞いてみた。好きな人のだけだけど!

 

安室奈美恵さん

椎名林檎さん

宇多田ヒカルさん

浜崎あゆみさん

YUKIさん

 

あたしでも知ってる昔からの女性アーティストの曲は

しっかり聴いてみたら聴かなかったというだけで、

みんないい曲だった。

 

ふつーに涙が出るほど感動した。

 

 

こんなにわかりやすく、音楽を届けてくれてたのに

なんであたし、インストしか聴いてなかったんだろって思った。

 

私はずっと、作曲の特にトラック全体を作る裏方業が自分に合ってると思って、

エレクトーンを離れた後からは、パソコンで音楽を作るということをやってきたけど

 

 

DTMで、一人で音楽を作って感動を届けるなんて、最後は無理。

限界を感じました。

 

本当に、人の耳に届く

人の心に響く音楽って言うのは

 

 

パソコンで簡易的にちゃっちゃと作ったものじゃない。

メロディとコードの美しさは大事だけど

 

ボーカリストの歌への情熱、これまでの人生

想いや意志、表現したいことを、しっかり汲み取ることができる作曲家。

 

そしてその作曲家の作ろうとしている音楽を、セオリーに基づいて形にできる

アレンジャーや

感動的な舞台を作り上げるためにパフォーマンスができる、演奏家

 

そういう、適職がうまく組み合わさることで

本当の意味の、

出来上がるまでのプロセスも含めた『音楽』が出来上がるんだよ。

 

作り上げるまでの「想い」がないと、

いい曲なんかできない。

 

高校の卒業祭の時に作ったあたしの初めての歌モノ「僕らの足跡」は

3年間の思い出が詰まった、作り上げるまでの青春が詰まった曲

卒業祭当日、演奏は下手だったけど

(そもそもあたしの担当楽器、この時ドラムっつーのが最初からおかしい)

完成した音楽は聴いてくれる人の心に届いた

 

この曲、音楽院に入ってから最初のステージで再度演奏したけど

技術者ばかりでクオリティは上がったのに、上がったはずなのに

 

終わった後の感動は、あんまりなかった。

 

理由は・・当時はわからなかったけど

 

今ならわかる。

『想い』が足りないから。

 

本当に素晴らしい音楽を作るのに必要なもの、

みんな見落としてるよ

 

 

今、作曲家は全部を求められる。

コストの削減で、パソコンを使用して一人の作曲家に任せようと

本当はみんな得手不得手があるのに、

それっておかしいと思う。

 

 

日本の音楽シーンを、

もっと感動的に、美しくしていきたい。

それがあたしの願い。思い。

 

音楽業界以外も、

今はリベラルなものが求めらてる

スペシャリストをうまく活かせる、ジェネラリストが求められてる

 

そしてさらに求めらてる力があると思う。

それは、

「自分の業界以外の分野のこともわかるジェネラリスト」

 

自分の専門分野はスペシャリストかつジェネラリストが前提、

その上で他の分野(例えば音楽と医療とか)とのコラボ、橋渡しができる人が必要だ

 

そうやってかないと、

どの業界もさらなる発展は望めない

 

て個人単位でだって

どんなに立派で活躍してる人も完璧じゃない。

どんな人だって、できることとできないことがある。

みんな各々の適正がある

だから、うまく補い合うことで、掛け合わせることで、

幸せになっていけると思うんだ。

 

 

個人も、社会も。

 

 

 

タイトルの、浜崎あゆみさん。

 

今度、60公演をするらしい。

 

1曲1曲や、歌詞から伝わるものを聴いてると

 

歌だけじゃなくて、

彼女の心から感じるメッセージが伝わる。

 

そんなに公演できないよ普通、疲れちゃうよって思った。

でも、それでも。

 

「あたしまだまだ歌いたい、頑張りたい!!頑張りたいよ!!!!」

って泣きそうな声が聴こえて来る気がするんだ。

 

 

そんな彼女の、

純粋さや、一生懸命さ、素直さ・・

そして、心からの歌詞。

 

彼女の本質にあるものを

汲み取った音楽を、あたしが書きたい

 

 

あたしが作曲しておおまかに表現して

編曲はキャッチーなものが書ける編曲者に手伝ってもらって

商品にするのにプレイヤーをしっかり検討して

 

そういうところを、担っていきたい。

 

 

 

あゆみさんの純粋な美しさを本当に表現できる音楽を

書きたいと・・心から感じました。

 

 

書きたいと思えるってことは、

今、この瞬間の役目を果たしていけば到達できるってことだ。

 

 

きっとその願いも実現する。

 

 

私は、自分の能力が生きる場面でしっかり役目を果たし、

音楽業界や日本、そして行くは世界に貢献していきたい。

 

 

f:id:mika_ishii:20170510164404j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャラの特性に人生のヒント! 〜ピアノアルバムの仕事(完)^^

 

過去の自分も自分だけど、

今とこれからの自分に期待しながら日々を送っています。

 

今も強さに欠ける部分はあるけど、

授かった自分の特性を受け入れながら、できることをやります。

 

 

FF8にアーヴァインていうキャラがいるんです。

 

f:id:mika_ishii:20170421075530p:plain

 

私は「このキャラ、弱!」と1回使って見限って一切使わなかったんです。

 

 

でも最近知ったんですが

 

アーヴァインはあるアイテム取って、ある敵を倒して、って

特殊な条件をクリアすると超強くなるんですって。。

 

銃3発打つだけでボスやっつけられるらしい!

 

9999、9999、9999!とかで。すげー!

 

 

・・なんていうか

 

スコールとかみたいに、

一次関数的に強くなってくタイプじゃなくて

 

一見ザコだけど、条件揃えて戦うと強くなるところあたり

親近感です。笑

 

キスティスは便利屋タイプ、

ゼルはやや不規則的に一次関数的な伸び方

セルフィはなんかの技だけやたら強い

 

FF8やってた当時キャラの強さの特性なんてまったく注目してなかったんですけど

今やると面白そうです・・。

 

私は自分の弱さは自覚してるんですけど

 

やっぱ戦いに行くのに

戦闘パーティに自分を入れたい!笑

 

もちろん戦闘力として!

ケアル担当じゃつまらない!

 

能力値や力を発揮できる条件に理解がある仲間に協力を仰ぎながら、

私も戦いたい。

 

 

自分に合った鍛え方(ここは頭使う!)で戦い方磨きたいですね!

 

多分私は召喚士とか・・!アルテマだっていつか使うよ〜!

昔友達が、みかちゅうは召喚士だね!って言ってくれたこと思い出しました^^

 

 

 

 

ピアノソロのアルバムの仕事が終わりました!

 

 

仕事の内容については過去の記事参照^^ 昔の記事って恥ずかしい…

mika-ishii.hatenablog.com

 

 

だいたい5分の曲を10曲 (計50分程度)、

予定より時間をかけて3か月間超えて仕上げました。

 

 

取り掛かり始めて最初に感じたのは、

「ピアノソロで5分以上の飽きない音楽作るのってすごい難しい」ということ。

 

コンペ勝つために作ってた曲はおおよそ30秒。

30秒をいかに綺麗で美しくするかは楽だけど、

 

5分以上を綺麗に美しく飽きずに作るって大変。

 

ピアノだけで、というのも大変。

コンセプトが同じアルバムの10曲すべてを、異なる雰囲気で作るのも。

 

他の楽器を加えずにピアノだけで変化をつけることって

予想以上に難しくて、「これちゃんと仕事終わるのかな」

とか焦燥感に駆られたりしてました。。

 

 

飽きずに聴くために意識しなくてはいけないことって、

 

「楽曲への姿勢とか気持ち、想い」とかそういう抽象的なものよりよっぽど

 

「演奏力や構成力、技術と知識」

という努力で培うしかない確かな力のほうが役に立ちました。

 

 

 

音楽ってもちろん何もこもってないものは無機質で、

技術があるかと心に響くかどうかって全然別物だけど

 

心に響く音楽を作るためには、

「努力で培った確かな技術」が絶対必要だと再確認しました。

 

音楽以外でも何事もそうだけど、努力って大事・・

 

 

楽しむことも大事だけど、

楽しむだけでオリンピックで金メダル取れないし、

技術を身につけるのに努力や行動力必須だなと改めて思います。

 

 

自分の人生振り返ると一番技術が上がるのに生きたのは、

ストイックに音楽だけをやっていた時期

(経験とかも大事・・っていうかもう人生のすべてが大事すぎるけど!)

 

・・クリエーターによってスタイルはあるけど

私は、漫画でも絵でも音楽でもなんでも

感性だけに頼ったものより修練を積んでいることが伝わる作品のほうが

好みかもしれないです

むしろ自分も感性で押し切ってるところあるので、引き続き修練必要です

 

 

 

音源はAddictiveKeys2から音色を選び、

あとkontaktに入ってるUNACODA(これ気に入ってます!)をまぜて

バーブもややかけて

f:id:mika_ishii:20170421074850j:plain

 

 

左右のパンをコンバインパンでひっくり返して音色作りました。

ミックスはEQ少しいじる程度で

Maximizerで音圧あげて

…大したことやってないですが、クライアントにもしっかり満足していただけました。

(予想以上!と言われて嬉しかったです(^-^))

 

ヒーリング効果のある周波数を入れるのに、

MARUKENくんに協力依頼しました。

twitter.com

 

 

仕事に取りかかっている最中に、

高木正勝さんのアルバムと

坂本龍一さんのアルバムが発売されました。

 

両方購入しました。

感想は別の記事に書きたいくらいなんですけど

 

 

この方たちのピアノ・音楽と、自分の作る音楽を比較してしまってまだまだ未熟だという気持ちを抱えました。

 

でも、仕事の最後の方で

自分の音楽に常に含まれている明るさや繊細さ、またシックな個性をより好きになることができて

 

 

偉大な作家と比較したって、自分の音楽に胸を張れるというか

自信を持つことができるようになりました。

 

 

長い人生の中で、より磨きをかけていきます!

 

 

 

来月はセーラームーンの声優、三石琴乃さんとお会いできる機会を会社の方に作っていただきました^^*

 

ありがたい、女の子でセーラームーンのファンじゃない人なんていないですよね!

 

 

ほかにも楽しみな予定と仕事があります^^

 

どんな人とも気持ちよく会うために、

自分を整えることに重きをおいていきたいです!!

 

 

 

The change in life drives me to the next stage .

次の段階に移行しようとしているところ。

 

アニメ音楽はずっとやりたかったこと。

この約1年間で書いた曲は100曲以上で

おかげで多くのことが学べて

作曲についての仕事ならどんなものでもこなせる自信がついた。

 

ミックスもマスタリングも、拙いと思わずに自分の今の音が誰よりも

自分にとって正解なんだと思う。

 

他にも、1年間で恵まれた仕事や機会、挑戦

見えたもののおかげで

自然と湧いてきた自分が心からやりたいと思うことに

全力でのぞむ準備中。

 

I believe in the guidance of inspiration.

And pursue the truth of my life.

I'm sure. I have confidence, courage and luck.

 

はじめにそのインスピレーションが来た2月の終わり頃は

その壮大さの恐怖、自分がおかしいのかと思ったけど

日毎に確信を増してった

 

ピアノも弾いた

作曲もした

アレンジもした

DTMも学んだ

楽器はそこそこ、全てのものに通じることができると思う

 

私は本当にアーティストになる覚悟ができた

遠回りをしながら得てきた武器を総動員

 

そう思えたのは

会ったことのない人も含め、20代頃からの人生で出会えた人達のおかげだ

本当に世の中を震撼させるような結果を出した人の

勇気や根性や人生を楽しむ力やそういうものが

 

私を後押ししてくれる。

 

言葉にすると想いがチープになるけど

 

アーティストになるよ!

宇多田ヒカルさんと友達になる!

 

ギターも弾くし

歌詞も書くし

歌も歌う

ダンスもするよ

 

全部やるよ、必要なことは

 

科学で証明できないことをアートで表現するよ

 

自分のひとりよがりで終わらない

時代を前進させるアートをする

 

 

f:id:mika_ishii:20170412102252j:plain

 

I will create new values ​​in the world. Through me as an artist!!


 

Come on 

World tour !!

 

 

MIka 

4月2日〜適当につぶやく

やりたくないこともやる時期と、

ともかく好きに生きる時期と

 

今、どういう時期なのか自分で判断

逃げたり挑んだり

 

絶対負けるとわかっててもやらなきゃな時

勝つのがわかっててもやらない時

一つ一つを判断

 

精度が上がってきて

どんなことに対する答えも、自分が出すものは全て

正しいものと思えるようになってくる、間違いも含めて。

 

 

さいきん被写体に挑戦してきました( ^ω^ )

自分の写真を全面に出すのはなんかすごい勇気いる(๑・̑◡・̑๑)

フォトグラファーさん色んな意味でいい人だった!

 

 

f:id:mika_ishii:20170402235423j:plain

 

いやでも、いいかんじに撮ってもらえたら誰かに見てもらいたいってのはやっぱあるよね٩(^‿^)۶

 

 

 

 

 

 

千年前も1000年後も、きっと同じ月

空の先にある世界のことは

想像することしかできず

 

「宇宙」というと壮大すぎるのですが

私たちが生きている現代は、

千年前の人が知れば途轍もなく宇宙的

月に行く、なんて夢にもみないほどのことだと思います

 

 

 

竹取物語を書いた作者は不詳ですが、

月に憧れや未知の夢を抱いて作られた作品なんだと感じます。

日本最古の物語が、日々の暮らしの話ではなく月をモチーフにしているというのは

すごく不思議でロマンのあること。

 

輝夜姫は、「月の都に父と母がいる」と言っている。

すごく神秘的に思います。

 

 

 

月の重力は地球に影響を及ぼし、潮の満ち引きを起こす

地球の周りを公転するのは

月は地球の一部でできているからと本には書いてありますが

 

すべてのことは自分の理解の範疇を超えていてよくわかりません。

 

月どころか、日常に不思議なことは溢れていて、

何も解き明かせない。

 

 

 

夜中に目が覚めることがあります

カーテンをかけていない窓から観る外の景色は

いつもの夜と違っていて、

神聖な感覚に浸りますが

 

目を開いた瞬間に、満月が目に飛び込んで来ると

美しいを通り越して怖い時があります。

 

 

 

その時々に感じることは、

なかなか人と共有できることではない。

自分一人で味わうしかないものなのかな、と思いながら綴ります。

 

 

f:id:mika_ishii:20170317233048j:plain

 

 

 

 

 

 

tuning .

前日に抱えていたモヤモヤは、朝になると浄化されて気持ちはクリア。

 

なんだか昨日は重たい気分になる心配事があって

夜ってそういうこと考えると抜け出せない。

 

 

良くない頃の自分は、夜にLINEやメールなどでそういった気持ちを感情のままに伝えたりして、

迷惑なことをやっていたなと思い返してました。

 

 

誰かが逆にそういった迷惑をしてきた場合を

「なんとなく時間が潰せるし、むしろ楽しい」

と感じていたこともあり、

どこまでも素敵じゃない自分が嫌でした。

 

 

先日見つけた、文月悠光さんの洗礼ダイアリーというエッセイは

するする読めて感動です。

言葉が、無理しなくても自然に入ってきました。

 

 

小説やエッセイの類は、自分と相性のいい文章をなかなか見つけることができてなかったので、すごく嬉しい。

スクールカーストに苦しんでいた私に是非届けてあげたい本だなと思います。

 

 

本と自分が同調していないと楽しい読書ってできないので

わかりやすい自己啓発の方が面白く読めてる頃の自分に対しては

なんだかなと思います。

 

f:id:mika_ishii:20170312095231j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の訪れ、イベントのあとの心模様

企画していたソーシャルメディア勉強会、

大盛況で終わりました。

本当にありがたく、幸せな気持ちに満たされています。

 

 

「ありがとう」って嬉しいですね

ちゃんと心のこもった、本当の気持ちからのありがとうを

言っていただけたと思いました。

 

 

企画についての記事は、終わった後からまとめていたのですが

なんだか納得のいかない記事になりがちで

 

落ち着くまで時間を置いていました。

 

 

今は気持ちがしゃんとしていて、

書きたいことが書けそうな気がします。

 

「自分の時間」てかんじになってきました。

 

 

 

当日は緊張していましたが、

参加者の方は全員私が好きな方達。

 

 

私は当日までの進行が下手で、

スタッフや講師に心配をかけるような場面もたくさんあったのですが

 

どんな人が来るか、

全員を知っている私は「うまくいく!」とわかってました^^

 

 

日々、自分の力では手に負えないようなことがあると、

あっぷあっぷ (むしろ今回の企画もね・・)

 

でも講師の皆さんの話を聞きながら、

どんな人も

「これ、できるのか?」と思うことへ

誰しも果敢にチャレンジされているんですよね。

 

 

「自分の前に壁があって、常に乗り越えようとしてる」

ってことは、みんな同じなんだなと思いました。

 

 

来てくださった方たちに、本当に感謝です。

 

幼馴染のさわなちゃんは、昔からの私をあたたかく見守ってくれていて

当日まですごく私に力をくれてました。

 

田畑さんはどんな時もポジティブに私の背中を押してくれていて

参加するにも当然のように来るよと言ってくれて感謝。

 

 

音楽院時代の先輩ふたり、

はまちゃん先輩と蒲原先輩は、変わらず成長を見守ってくれて

出会って10年経っても関係があることが嬉しいです

 

書ききれていないのですが、

つながりというのは

自分の人生を幸せで満たしていくに不可欠なのだと感じました。

 

 

イベント終了後に何かが吹っ切れて。

 

ともかく

 

「やりたいこと」

「好きなこと」

「幸せに満たされること」

 

そういう、自分の感覚に磨きをかけていこうと改めて思いました。

 

イベントとの関連性は?

って感じですが笑、

 

この企画は自分にとって本当に何か節目になりました。

 

 

よりいっそう、

人も、場所も、物も、時間の過ごし方も

一つ一つの選択に、自分の感性を頼る。

 

 

自分の感覚を信じて、磨いて行く

それで、むりめなことも含めてハードル高めなアクションを起こす

 

今回の企画も、私にとってはやや高めのハードルでした^^;

 

 

信じてやってみると感覚はどんどん研ぎ澄まされて、

自分の中でいきなり変化を実感できたりします。

 

 

ひとりひとりの個性や、大事にしてるものや、愛を込めてるものって

知るとすごく嬉しい。

センスに触れると、とてもゆたかな気持ちになります。

 

 

まなさんが言っていた「ブログを育てる」という内容が

すごく印象に残っていて

 

 

私、ブログってやっぱりただの「ブログ」だったんです。

”パソコンで文字打って記事を投稿”

というくらいの感覚。

デジタルだし、やっぱりどこか作業的に書いてる時もあった。

 

 

「ブログも育ててあげないとかわいそう・・」というような言葉の選び方が、

それだけ愛を込めてきていらっしゃるんだな

ブログは自分の一部 くらいに思って

大事に日々を綴ってきている・・それって素敵だなと思いました。

 

 

愛を込めるっていうのはなんでもそうで、

自分も、技術も、人との関係も、

全部育てるもの。

 

愛を込めて取り組むと、

(愛・・これって女性ならではの表現ですよね;;なんて言ったらいいのだろう?)

 

 

なんでも育ってゆくんだと思います。

 

自分の心も、体も、

わかりやすく言えば容姿だって。本当に、どんなことも。

 

 

ブログだったら、デジタルだし、

「育てる」って言ってもピンとこない人もいるかもですが

私はどんなものも育ってゆくんだと思っています^^ 

 

 

自分の心に正直に、

いつも気持ちを正せるように

 

まだまだこれから

これから、始まるのだなと思い

 

桜の開花前から花が咲き始めてます

 

 

 

 

 

自信のない時期も長く過ごしてきた自分

 

拓実くんがこの日に撮ってくれた写真の自分の表情を見て

「私、少し成長したかも」

 

と思いました。

 

f:id:mika_ishii:20170309201222j:plain