読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千年前も1000年後も、きっと同じ月

宇宙について

空の先にある世界のことは

想像することしかできず

 

「宇宙」というと壮大すぎるのですが

私たちが生きている現代は、

千年前の人が知れば途轍もなく宇宙的

月に行く、なんて夢にもみないほどのことだと思います

 

 

 

竹取物語を書いた作者は不詳ですが、

月に憧れや未知の夢を抱いて作られた作品なんだと感じます。

日本最古の物語が、日々の暮らしの話ではなく月をモチーフにしているというのは

すごく不思議でロマンのあること。

 

輝夜姫は、「月の都に父と母がいる」と言っている。

すごく神秘的に思います。

 

 

 

月の重力は地球に影響を及ぼし、潮の満ち引きを起こす

地球の周りを公転するのは

月は地球の一部でできているからと本には書いてありますが

 

すべてのことは自分の理解の範疇を超えていてよくわかりません。

 

月どころか、日常に不思議なことは溢れていて、

何も解き明かせない。

 

 

 

夜中に目が覚めることがあります

カーテンをかけていない窓から観る外の景色は

いつもの夜と違っていて、

神聖な感覚に浸りますが

 

目を開いた瞬間に、満月が目に飛び込んで来ると

美しいを通り越して怖い時があります。

 

 

 

その時々に感じることは、

なかなか人と共有できることではない。

自分一人で味わうしかないものなのかな、と思いながら綴ります。

 

 

f:id:mika_ishii:20170317233048j:plain

 

 

 

 

 

 

tuning .

わたしのこと センス・自己表現 エッセイ 朝の日誌

前日に抱えていたモヤモヤは、朝になると浄化されて気持ちはクリア。

 

なんだか昨日は重たい気分になる心配事があって

夜ってそういうこと考えると抜け出せない。

 

 

良くない頃の自分は、夜にLINEやメールなどでそういった気持ちを感情のままに伝えたりして、

迷惑なことをやっていたなと思い返してました。

 

 

誰かが逆にそういった迷惑をしてきた場合を

「なんとなく時間が潰せるし、むしろ楽しい」

と感じていたこともあり、

どこまでも素敵じゃない自分が嫌でした。

 

 

先日見つけた、文月悠光さんの洗礼ダイアリーというエッセイは

するする読めて感動です。

言葉が、無理しなくても自然に入ってきました。

 

 

小説やエッセイの類は、自分と相性のいい文章をなかなか見つけることができてなかったので、すごく嬉しい。

スクールカーストに苦しんでいた私に是非届けてあげたい本だなと思います。

 

 

本と自分が同調していないと楽しい読書ってできないので

わかりやすい自己啓発の方が面白く読めてる頃の自分に対しては

なんだかなと思います。

 

f:id:mika_ishii:20170312095231j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の訪れ、イベントのあとの心模様

企画していたソーシャルメディア勉強会、

大盛況で終わりました。

本当にありがたく、幸せな気持ちに満たされています。

 

 

「ありがとう」って嬉しいですね

ちゃんと心のこもった、本当の気持ちからのありがとうを

言っていただけたと思いました。

 

 

企画についての記事は、終わった後からまとめていたのですが

なんだか納得のいかない記事になりがちで

 

落ち着くまで時間を置いていました。

 

 

今は気持ちがしゃんとしていて、

書きたいことが書けそうな気がします。

 

「自分の時間」てかんじになってきました。

 

 

 

当日は緊張していましたが、

参加者の方は全員私が好きな方達。

 

 

私は当日までの進行が下手で、

スタッフや講師に心配をかけるような場面もたくさんあったのですが

 

どんな人が来るか、

全員を知っている私は「うまくいく!」とわかってました^^

 

 

日々、自分の力では手に負えないようなことがあると、

あっぷあっぷ (むしろ今回の企画もね・・)

 

でも講師の皆さんの話を聞きながら、

どんな人も

「これ、できるのか?」と思うことへ

誰しも果敢にチャレンジされているんですよね。

 

 

「自分の前に壁があって、常に乗り越えようとしてる」

ってことは、みんな同じなんだなと思いました。

 

 

来てくださった方たちに、本当に感謝です。

 

幼馴染のさわなちゃんは、昔からの私をあたたかく見守ってくれていて

当日まですごく私に力をくれてました。

 

田畑さんはどんな時もポジティブに私の背中を押してくれていて

参加するにも当然のように来るよと言ってくれて感謝。

 

 

音楽院時代の先輩ふたり、

はまちゃん先輩と蒲原先輩は、変わらず成長を見守ってくれて

出会って10年経っても関係があることが嬉しいです

 

書ききれていないのですが、

つながりというのは

自分の人生を幸せで満たしていくに不可欠なのだと感じました。

 

 

イベント終了後に何かが吹っ切れて。

 

ともかく

 

「やりたいこと」

「好きなこと」

「幸せに満たされること」

 

そういう、自分の感覚に磨きをかけていこうと改めて思いました。

 

イベントとの関連性は?

って感じですが笑、

 

この企画は自分にとって本当に何か節目になりました。

 

 

よりいっそう、

人も、場所も、物も、時間の過ごし方も

一つ一つの選択に、自分の感性を頼る。

 

 

自分の感覚を信じて、磨いて行く

それで、むりめなことも含めてハードル高めなアクションを起こす

 

今回の企画も、私にとってはやや高めのハードルでした^^;

 

 

信じてやってみると感覚はどんどん研ぎ澄まされて、

自分の中でいきなり変化を実感できたりします。

 

 

ひとりひとりの個性や、大事にしてるものや、愛を込めてるものって

知るとすごく嬉しい。

センスに触れると、とてもゆたかな気持ちになります。

 

 

まなさんが言っていた「ブログを育てる」という内容が

すごく印象に残っていて

 

 

私、ブログってやっぱりただの「ブログ」だったんです。

”パソコンで文字打って記事を投稿”

というくらいの感覚。

デジタルだし、やっぱりどこか作業的に書いてる時もあった。

 

 

「ブログも育ててあげないとかわいそう・・」というような言葉の選び方が、

それだけ愛を込めてきていらっしゃるんだな

ブログは自分の一部 くらいに思って

大事に日々を綴ってきている・・それって素敵だなと思いました。

 

 

愛を込めるっていうのはなんでもそうで、

自分も、技術も、人との関係も、

全部育てるもの。

 

愛を込めて取り組むと、

(愛・・これって女性ならではの表現ですよね;;なんて言ったらいいのだろう?)

 

 

なんでも育ってゆくんだと思います。

 

自分の心も、体も、

わかりやすく言えば容姿だって。本当に、どんなことも。

 

 

ブログだったら、デジタルだし、

「育てる」って言ってもピンとこない人もいるかもですが

私はどんなものも育ってゆくんだと思っています^^ 

 

 

自分の心に正直に、

いつも気持ちを正せるように

 

まだまだこれから

これから、始まるのだなと思い

 

桜の開花前から花が咲き始めてます

 

 

 

 

 

自信のない時期も長く過ごしてきた自分

 

拓実くんがこの日に撮ってくれた写真の自分の表情を見て

「私、少し成長したかも」

 

と思いました。

 

f:id:mika_ishii:20170309201222j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーシャル難民によるソーシャル難民のためのソーシャルメディア勉強会

わたしのこと アニメと漫画、あとゲーム 人生はRPG 自己成長

バレンタインシーズンなので、

贈りたい方を中心にチョコレート郵送しました!^^

 

お返事も早速頂いたりで、嬉しいです・・ギフトっていいですよね!

 

 

↑激励のツイートにもハッピーいただきました^^* 守山さまは師匠のひとりです!

 

 

ソーシャルメディア勉強会なるものを企画しました。

尊敬している知人、

 

また前からお会いしたかった方をゲストにお迎えしての企画です。

 

楽しみな企画です!

 

主催で手伝ってくれる人もいて、ひとりじゃない心強さが半端ないです。

(出原さん、さやかちゃん、矢野くん、ありがとう!)

 

でも、やっぱ主催ってするだけでエネルギーいる。

 

「ポイっ」と投稿してるだけにしか見えなかった、

今までイベント行ってる人たちが

いかにやばいエネルギーと行動力持ってる人かということが

身にしみてわかりました。

 

すごいです。

ライブやるにも何にも、

情報受け取る方は結構冷めてると思うんですよ。汗

私がそう。

興味がなければ、「何?ライブ告知?興味ないけど。」

みたいな感覚持ってましたからね(すみません)。←

 

でも、企画して告知して、って行う側はそれだけエネルギーかけてるんですよね。

やっと理解です。

 

受け取るだけって言うのは本当に楽。

来たものを選定するのは、

「これはいる。これはいらない。」ってやるだけ。

 

私はそうやってきてました。

 

常に受け身の態勢でしたし、

音楽だってひとりで書くだけ。

バンドとか、チームで何かやるとかも苦手と決め込んでました。

(常に組織で仕事をしている会社で働く皆様にも、本当に頭が上がらないですよ・・)

 

 

ひとりの力でするんじゃ、きっとたいしたことできない。

綺麗事にしか聞こえないですけど、人のためになる企画・仕事をするのは、

自分の力だけじゃダメ。

 

 

何か世の中に価値のある仕事、自己満・自分のためで終わらない仕事をするには

足りないものが多いのは事実で。

能力がないと、人のためになる仕事なんてできないな、と日々感じます。

 

 

未熟な中でも関わってくださる方には本当に感謝しています。

 

 

富樫くんがちょうど今日のブログで私の言いたいことと近いこと言ってました。

(最近すごい頑張ってる友達のひとりで何かすごい影響いただいてます。)

togatogatogashi.hatenablog.com

 

 

自分ひとりの、自己満足のレベルを超えた何かをするには、

人を巻き込む力や、

「関わりたい!」と思ってもらえるくらい

自分に何らかの魅力がいる。

関わっている人たちと喜びを共有するには、自分の能力もいる。

 

力も、魅力も、能力も

全然足りてねーな!くそー、むしろなんもねーな!

って感じではあります。

今んとこ、ひとりでバタバタしてるだけ汗。

 

でも、方向性を見極めて、正しい努力(正しいかどうかはその都度判断。そして修正)をすれば、自分にとって必要なことはある程度の合格ラインまで身につけられるはずなんです。

と思ってトライです。

 

「足りないものは身につければいい」

 

そんな前向きなことを思えるのは、

・・家族のおかげです。

夫と母には、感謝しても、しきれないです。

 

大好きな友達の言葉にも、最近すごくすごく励まされてます。

 

 

f:id:mika_ishii:20170211152818j:plain

 

これ、その友達が描いてくれたやつ!w

私はHPは少ないけどMP(パワー)はあるよね、って絵で・・

アルテマ放ってます・・!白魔道士ってアルテマ使えたんだ・・

 

 

ソーシャルメディアの勉強会」

という企画を立てました。

「え?音楽と関係なくない?」と言われましたが・・・確かに!(・ω・)

 

twitterfacebookinstagram・ブログ

 

 

もちろん使用しない自由はある。

でも、暮らしに浸透しまくっていますよね、ソーシャルメディア

 

久しぶりに会った人とだって、

「あ、facebookみましたよ〜」で始まるじゃないですか。orz ←ここでorzとか使っちゃうあたりがソーシャル難民

 

 

だから、

心地よく使えるに越したことはなくない?

 

と思うんです。

 

すでに心地よく使える人は問題ないです。

特定の組織に縛られてないからなんでも発信できるとか

支持してくれる人がたくさんいて、発信することがある。

もしくは見る専門スタンスを貫き通すとか。

 

そういう人は、そのまま使うといいと思うんです。

 

でも、私を筆頭としたソーシャル難民もいる。笑

 

「何か発信したいけど、勇気が持てない。そもそも何を発信するの?」

という人。

他の人の「リア充投稿がうざい。」(ありがち。w)

もう自分ですでに何らかの活動やビジネスをしていて、より有効的に活用したい方。

これ投稿したらこう思われないかな・・。

どのツールを何に使えばいいんだ?とか

 

 

あれこれある。

 

 

 

ソーシャルメディアのネガティブな気持ちって、対処法があって。

 

「自分はこういうスタンスで使うんです。」

 

っていう自分オリジナルの軸を定めとくこと。

公表する必要はないですけど、自分の軸を決めておく。

 

これやっとくと、どっかの誰かの投稿に疲弊しないです。

(あたしがどっかの誰かだったらすみません)

いちいち「いいね!」の数とか、「コメントがない!」とか

う言った思いもクリア。

 

 

なんとなくSNSで潰してる時間はもったいないので、

どうせだったら有意義に、楽しく。

人のも楽しく見れて、自分が使うのだって楽しい。

 

そういうのが理想です。

 

だって、嬉しいじゃないですか。

 

 

反応があれば嬉しいし、好きな人とはつながれていたら嬉しい。

 

新しく知り合った人に、自分を知ってもらえたら嬉しい。

 

 

 

せっかくの便利なツール、豊かに使わなきゃ損です。

 

 

 

なんて、最近私が考えたことを言っても、あんまり参考にならない笑(・ω・)。

本人がそもそも、まだまだソーシャル難民ですからね。汗

だからこそのこの企画だしな・・

 

 

3/5(日) 11:00〜13:30 @五反田

の「ソーシャルメディア勉強会」にはゲスト講師3人を呼んでいます。

 

セルフブランディングをずっと行って結果を出してきたタレントの方

女性ならではの活用の仕方をレクチャーしてくれる女性起業家の方

ソーシャルメディアの根本的な話をしてくれる創業者の方

 

 

・・みんな私が尊敬してきた方たち。

 

 

これ私のブログに実名勝手に出して大丈夫かな、、確認とってないんで一旦自粛。

(でも私の企画ページにはすでに公開しちゃってます^^; すみません)

 

 

実績のある方々は、みんな考えて試行錯誤して自分の独自の使い方を定めてます。

その皆様に、私が素人ソーシャル難民目線であれこれ聞いて笑、

良い内容を用意します!

 

 

定員は25名です。

facebookページも作ってますが、facebookやってない参加者さんもいるので、

実質あと7名くらいは参加できます(あやふや。、)

 

参加したいと思ってくださった方は、

取りやすい形で連絡をください!

 

mika.ishii.01@gmail.com

facebook →sound.mika.i

 

 

 「ブログ書いてないで早く曲書けよ」って他方向のクライアントさんから思われてないか心配ですが、私はアップしますよー!

 

 

 

「アニマルバス」「コケッコーさん」「ねこざかな」BGM担当中です!!

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

 

 

 

本あれこれ、最近気に入ったもの

やっぱり本 わたしのこと アニメと漫画、あとゲーム

f:id:mika_ishii:20170127152352j:plain

 

最近読んだ本の中でオススメのものをちょっとピックアップします。

ジャンルバラバラなので完全に私の好みです;

今後はジャンルごとにピックアップできたらいいかなとも思いました。

 

 

これからの世界をつくる仲間たちへ / 落合陽一

www.kinokuniya.co.jp

 

著者・落合陽一氏は、28歳という若さにして、世界的にも「社会を変える」と見られている最先端の研究者だ。

世の中のすべてが変わる。

たとえば、これまでのホワイトカラーの仕事は、何もかもコンピュータに持っていかれる。
勉強していくら知識を得ても何の役にも立たない時代になる。

そんな世界で生き抜くためにどうすればいいのか。

 

この方のレビューがわかりやすいです。

www.life-abstract.com

 

 

一番衝撃だったのは、同年代でありえないほど天才的な成果を世に発表しているってこと。

28歳ともなれば大人なのですが、

「テクノロジー」の世界、ここまで高度なことを考えてこういう本出版してる、書ける技術がすごいなと心を打たれました。

 

 

 

菊池亜希子ムック マッシュ vol.10

www.shogakukan.co.jp

 

菊池亜希子さんのインスタ

https://www.instagram.com/kikuchiakiko_official/

 

 

 

菊池亜希子さんはモデルの中で一番好きで、

マッシュは買ってます

本人が編集して、中のエッセイや絵や特集や

独自の感性でまとめあげてるのが、女優やモデルの域を超えてて

その容姿も才能も人柄も全部が憧れです:)

 

メイクをあまりしないとか、マニッシュな感じというか、

自分のツボを押さえてくれてる感じです^^*

 

 

 

3月のライオン / 羽海野チカ

www.nhk.or.jp

 

途中までしか読んでませんが、この漫画がきっかけで将棋に挑戦してます。

夜な夜な夫と勝負していつも完敗してます。飛車角落ちなのに。

 

ほのぼのとしてる風ですがしっかり深くてさすが羽海野チカさんです・・

ハチクロと同じくらい楽しめます。

 

 

クリエイティブを仕事にする方法

www.step-works.jp

www.light-works.jp

 

音楽でも絵でもアート・クリエイティブ関連でやっていきたい人に激押しです。

読み応えあるけど一気に読めました。

表紙だけ見るとやや胡散臭そうですが(ドリーンさんすみません)、

胡散臭い記述を含めてもクリエイティブ方面の方に読んでほしいです。

 

必要なとこだけコピーして資料として渡したいくらいオススメです。笑

 

 

99.9%の人間関係はいらない

page19.auctions.yahoo.co.jp

『99.9%の人間関係はいらない』echizenroom.wordpress.com

 

少なくとも私は99.9%削いだら手元に人が残らないし笑、

タイトルは挑戦的なんですけど、

人間関係に関する世間の常識を別の角度から見ることができる良い本だと私は思いました。

友達や交際範囲が広いことが才能である人は読まない方がいいです!

どちらかというと人間関係を器用にこなせないタイプ(私のような・ω・)にオススメです。

 

第2図書係補佐 / 又吉さん

www.gentosha.co.jp

 

この本は又吉さん本人オススメの本を、エッセイを通して紹介してます。

火花を読んでから「うわっすごい文章書くな!」って思ったのですが、

これもやばい面白い。

紹介してる本というより又吉さんのエッセイが面白くてオススメです。

 

 

あとは、KindleUnlimitedという月額1000円で本読み放題ってやつを使用して

雑誌も本もたくさん見れてます!

 

↓私のKindle本棚。これらは読み放題の中のやつですどれも 

 

 

又吉さんで思い出したのですが、

先日オードリーの若林さんのラジオを聴いたんですよ。

又吉さんも若林さんも「本好き芸人」てことで、一緒に仕事をする企画が あるみたいなのですが、

 

"いや、俺が読む本ていうのはさ〜、「朝に強くなる10の法則!」とか、「勝利の方程式!」とかそういういわゆる自己啓発ばっかりで笑、本好きとはまた違うんだよね。全然又吉くんと俺とは違うわけ笑"

 

みたいなこと言ってて、好感持てて超わらえました。

私も、又吉さんのような読書好きに憧れる若林さん寄りです(・ω・)ノ!

 

(とは言ってもネタとして言ってるだけで若林さんだって知的な本もたくさん手に取られてると思いますが!)

 

 

 

とりあえず6冊ピックアップしてみました;)

書いた記事を推敲しないで投稿すると、読み返した時にがっかりしますね・・

ガサツすぎです!汗

 

昨日の記事はfacebookにも投稿して、

見てくれた方もいたみたいで嬉しかったのですがあちゃーと思いました

すみません〜;;

 

 

それではありがとうございました^^

 

 

人間関係はぶつからないと磨かれないみたい、特に自分の場合

わたしのこと 自己成長 仕事あれこれ

日々書きたいことめっちゃあるんですが、

特に最近人付き合いが気持ちの上で慌ただしい・・

 

 

なのでブログ書いてる時間がないと感じていました^^;

 

しかし毎日届くキンコン西野さんのLINE@が届くたびに

「あ、今日もブログ書いてる!」と気づくのですが

 

あんだけやること多くて対応することも多くて、どこに書く時間あるの?!

って思うんです、更新情報届くと。

 

書くスピードと技術と想いって大事です。。

 

 

人付き合い苦手とか言ってらんなくなってきてるので、

日々、一人ひとりと本音で向き合うことを心がけてます。

 

基本的に「気を使いすぎてから回る」という現象が起こりがち。

気楽に行けとか、考えすぎとか、よく言われるたび内心では

 

「うるせー!!わかってるわ!!!」って思うことがよくありました。

(言葉をかけてくださってるのにゴメンなさい!)

 

ってか、もうそういうなんていうか「抱え込み」キャラに見えるだなーと痛感します。

大変心外です。笑

 

そう言われると傷ついてました;; 

言われたら嫌なこといちいち言ってくるんじゃねーよと毒づいてた私も事実です。

 

でもそこで傷ついてる場合でもなくて。

それってちょーささいなこと。

「抱え込んでると思われるのが嫌!」とかそんな人からの見られ方をいちいち気にしてる場合じゃない。

 

「本音を伝えること」

「気持ちに蓋をしない」

「逃げずに説明する」

 

というようなことを心がけてます。

 

とは言っても手当たりしだいに伝えるのも考えもの。

だから、伝える時の言葉の選び方は非常に重要だなと思っています。

 

そこはまだ調整中ですが、とにかく自分の気持ちを引っ込めるやつだったので、

まずはそこを改善したいと思っています。

 

人はみんな、私が思うよりいいやつで、

本音を伝えることで、より自分らしくのびのび関われる仲間?親友?友達?

の関係が築けて、信頼の感覚がわかってきてます。ありがたい。

 

関わる人たちから多くのことを学ばせてもらってます。

 

仕事などを通してその都度いろんな人と関わるっていうのは、

今後もさらに増えて行くと思うんですけど、

当たり前だけど、みんな育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めないって感じです。

 

 

ただの業務的なやりとりが重要な場合もあるけど、

人と「より良いものを作る!!」というような熱い仕事の場合って、

また作り上げ方が違う。

 

最近始まった「よさこい」の舞台音楽を作る仕事では、

文化祭や合唱祭的や体育祭的な熱さを体感してます。

(運動は苦手だから体育祭とか全然楽しめませんでしたけど。 )

 

 

一人ではなく、私はディレクションで、

制作はMARUKENくんてことで、進め方とかすごい工夫したんですけど

 

逆に仇となった?!というような展開あり。

うまく進まなくて喧嘩あり。

 

一人で完結する仕事と全然違って、なんか

 

 

あっつい!!!

 

いろいろ私の想定を裏切る展開ばかりで、

もはや自分の存在意義もわからなくなってきました笑(いいのいいの!)

 

私の不手際で迷惑をかけたと思い込んで余計に意味のわからない方向へ解釈してしまったり、

正直ほとんど私迷惑しかかけてないかもしんないです。。

ややこしい方へ、ややこしい方へと。

 

でも、そんな私のことをなんか理解してくれてる感じがするんですよ。笑←

 

 

とにかく!!

最終的には素晴らしい舞台が出来上がれば全部OK。

私は今回のこの仕事を通して学べるものや、経験などに非常に価値を感じていて、

 

縁があって携われることが嬉しいです^^* 

 

 

 

ありがとうございます、渡邊さん!!

そしてジャイアン

 

 

f:id:mika_ishii:20170125143031j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かの「正しい」だって尊重する

近い価値観や考え方の人とばかり話していると、あたかも自分の考えが正しいと思いがち。

自分の考え、価値観にプライドを持つのは、

自己肯定をすることによって自信が生まれるという意味でも大事なことですが、

自分と全く異なる価値観や感性の人の話にも耳を傾けることも重要だと、改めて思うことがありました。

自分の価値観だけに偏ると、相手の経験や感性などを否定しがち。

 

心理学的にも、基本的に人間は「自分が一番」と思うというか、
自己防衛本能が働くのかもしれませんが、そう思いたいもの。
だからこそ、相手の経験や価値観も受容できる柔軟性が欲しいところ。
 
だって一人ひとり持って生まれた資質や家庭環境が違う。
そしたら、何をよしとするかが異なるのは当たり前のこと。
ポジショントークというか、その人の立場にあった経験をし、それを元に価値観が生まれるもの。
 
相手の経験や価値観もきちんと受容できる柔軟性があるとどのように良いか。
・・というのは、例えば「数学を学ぶのは何の役に立つか」を自分で見出した人こそがその勉強に価値があると思えるように、自分で意味を見出すべきものだと思いますが、
 
純粋に相手の価値観を肯定できるようになることは、相手を尊重できるということ。
人を尊重できる人には、やっぱり好感が持てます。
 
そのような価値があることだと私は思うので、
自分と違うものをよしとする人に関しても、ある程度理解する姿勢を作っていきたいなと思いました。
 
・・まあそれでも、自分の価値観に偏ってしまいがちなので、
意識的に「それはいかんよ」を重ねていきます^^;
 

f:id:mika_ishii:20170121205121j:plain